FC2ブログ

酒と蘊蓄の日々

The Days of Wine and Knowledges

プリウスのジレンマ

先のデトロイトモーターショーでトヨタは家庭用電源から充電可能な「プラグイン・ハイブリッド」を実用化する旨パブリシティしました(国土交通省の認可は昨年7月に受けているそうです)。これはより電気自動車に近い使い方もできる、ユーティリティの拡大と見て良いと思います。検討中のマイカー買い換えで候補に挙がっているプリウスですが、こうした情報を聞いてしまうと、かなりそそられてしまいます。

priusplugin.jpg

が、目処は2009年末ということで、2年近く先の話になります(恐らく、フルモデルチェンジで採用ということでしょう)。その前に私のS2000は車検が切れてしまいますので、そこまで待つつもりはありません。

さて、件のプリウスですが、私もメカニズムやその運用システムにはそれなりに興味があったので、以前にも色々調べたことがありました。が、環境性能についてはあまり詳しく調べたことがなかったんですね。ハイブリッドカーであるプリウスは環境に優しいエコロジーカーという認識が定着していますし、私も当時は特に大きな疑念を抱いていませんでした。

しかしながら、最近は環境問題にかかる書籍やネットからの情報に触れる機会が増えてきたこともあって、LCA(生産されてから最終処分されるまで製品の生涯を通じた環境負荷の評価)などの考え方も理解するようになり、色々な疑問も感じるようになってきました。

殊に、プリウスはバッテリーや電気モーター、制御用のインバータなど特別な部品や構造の製造プロセスにはより大きな環境負荷がかかると想像されますので、それと良好な燃費から差し引かれる分とを突き合わせてみなければ本当に環境負荷の小さいエコロジーカーといえるか判断はつかないわけですね。

そこで、プリウスがどれだけ環境負荷の小さなクルマなのか、この機会に調べてみようと思いました。第三者機関による資料などもあれば良かったのですが、私の調べた範囲では見つかりませんでしたので、トヨタの公式資料(どこまでシビアに調査されているのかは解りませんが)をとりあえず精査してみることにしました。

トヨタのサイトにあるプリウスの環境仕様を見てみますと、ちゃんとLCAの実施結果が示されていました。これは好感が持てます。少なくとも、「新幹線のEgo主張?」のエントリで触れたような子供騙しの部分比較でないだけ遥かにマトモといえます。

prius_lca100000.gif

これがそのLCAによる性能比較ですが、やはり素材製造や部品製造といったイニシャルの環境負荷はプリウスのほうが大きいということが解ります。あれだけ大容量のインバータ(金属シリコンの精製には膨大な電力を要します)を使用していることに対して素材製造時のCO2排出量が見合っているのか、やや引っかかる部分もあります。が、イニシャルの環境負荷が同クラスのガソリン車をかなり上回っている実態はほぼ予想通りです。

やはり、プリウスが最終的に同クラスのガソリン車を逆転するのは、「走行にかかる環境負荷が小さい」というところなんですね。要するに燃費が良い分だけ排出ガスが少ないため、イニシャルでかかる環境負荷をランニングで相殺・逆転するということになるわけです。

ならば、走行距離が少なければ少ないほどそのメリットは生きてこないということになります。トヨタが示したLCAは生涯走行距離10万kmという常識的な条件によりますが、これより走行距離が少なければイニシャルの環境負荷などを含めたライフサイクル全般の環境負荷でプリウスが逆転できなくなる可能性も充分に考え得るわけです。

そこで、走行距離を減らし、それにかかる環境負荷を単純計算で減らしてみることにしました。生涯走行距離が4~5万kmあたりになるとかなり微妙な感じになってくるのですが、3万kmまで減らしてみますと下図のような状況になりました。(あくまでも単純計算によって走行にかかる環境負荷をトヨタの示した10万kmから70%減少させ、3万km相当としたものです。厳密なアセスメントに基づくものではないのでそこはご了承下さい。)

prius_lca30000.gif

こうなるともう、プリウスの敗北といって差し支えないでしょう。ま、この生涯走行距離3万kmを10年で消化すると年間走行距離が3000kmとなりますから、あまり一般的とはいえないかも知れません。でも、週末しか乗らないという人で、その度に60km程度しか走らないのであれば、プリウスは同クラスのガソリン車より環境負荷の高いアンチエコカーとなる可能性が高いわけです。

環境負荷を考えれば、自動車は極力使用しない方が良いというのは言うまでもありません。しかし、プリウスに関しては使用する機会が減れば減るほど通常のクルマより環境負荷が大きくなってしまうことがあるという皮肉なジレンマを抱えているわけですね。劇的な変化をもたらす魔法のような技術など、そんなに簡単に手に入れられる訳ではないということでしょう。

それにしても、環境問題を語る人達、殊に大衆メディアは何故こうしたジレンマを話題にしないんでしょうか? 単に無知で無邪気なのか、恣意的で偽善なのか私にはよく解りません。が、世間一般にはこうしたジレンマがあまり知られることもなく、良いイメージしか浸透していかないという現状が決して良いとは思えないのですが。

もし、私がプリウスを買ったとしてもエコロジストを標榜する気など毛頭ありません。どちらかといえば、ハイブリッドという特殊な機構を持つクルマである事、回生ブレーキや諸々のマネージメントについて非常に関心があり、そうしたクルマも体験しておきたいといった好奇心が先に立っている感じです。

燃料コストが安く済むことも求めたいところですが、同クラスのガソリン車と車両価格の差額でペイできるか、これも走行距離次第でしょう。走行距離が少ないほどイニシャルコストが高い分を相殺・逆転することができないという点は、やはり環境負荷と同様のジレンマですね。

そもそも、私の場合はS2000より確実に燃料費が安く抑えられるだろうということで、その分だけ自転車を積んであちこちに出かけようと考えています。ですから、差し引きゼロかプラスになる場合もあるでしょう。あるいは、浮いた燃料費で何か別のものを買ったりして、結局は環境負荷を与える消費行動をとったりするかも知れません。

無知で無邪気にエコロジストを気取るのが良いのか
知見を広めてジレンマにぶつかり、開き直るほうが良いのか

ま、どちらも同罪でしょう。私の場合は後者を選択することが度々あると思いますが、非があれば素直に認め、改善できなくとも偽善者にはならないよう努めたいところです。
スポンサーサイト



テーマ:自動車全般 - ジャンル:車・バイク