FC2ブログ

酒と蘊蓄の日々

The Days of Wine and Knowledges

それなりに効くが・・・

BD-1の20インチ化を済ませ、想定通りブレーキが効かないことを確認した私は、よく効くと評判のスイスストップのシューを発注したというところまでお話ししましたね。そのシューが届いたので、この週末に交換しました。

BD-1_swissstop.jpg

まだそれほど走り込んでいないので、リムとの当たりも充分に付いたとは言い難い状態です。なので、最終的な評価はできませんが、それなりに効くようになった印象です。私はBD-1をポタリング専用と考えていますので、そういうのんびりとしたペースで乗る分には特に問題ないレベルになったと思います。恐らく、普通の人が普通にBD-1と付き合うなら、このくらい効けば我慢ならないということはまずないでしょう。

が、私の場合、マグラの油圧リムブレーキをインストールできないだろうか? というアイデアを思いついてしまいましたし、今は使っていない現物もありますし、ワンオフでアルミの切削加工をしてくれる業者も知っていますし、これは少々マズイ方向へ風が吹き始めてしまったかも知れません。

ただ、シフターをVブレーキ用のデュアルコントロールレバーにしてしまったので、これは使えなくなります。ま、使えなくなっても普段使いのクロスバイクに転用するなど、引き当て先がないわけでもありませんが。

油圧リムブレーキをインストールする具体的なプランとしては、アルミ材を加工してグランジの700Cトランスファー(リヤに関してはこれを使えばとりあえずインストール可能でしょう)のようなアダプターを製作するというパターンになるかと思います。

もちろん、ネックになるフロントサスペンションのスプリングとの干渉を避けるため、相応の工夫を凝らして設計しなくてはならないでしょう。最初はいくつか試作して現物突き合わせで色々調整してみて、決定版ができたらデザインを整え、加工業者にワンオフでキレイなものを作らせるといったやり方が良いかも知れません。それなりにコストもかかるでしょうけどね。

問題はこれから2ヶ月を待たずしてクルマを購入するため、あまり自由になるお金がないということですね。その後もMTBのコンポやホイールの入れ替えを検討していますので、やるとしても数年がかりになる可能性がありますし、その間のモチベーションを維持できるかも解りませんけど。

そうそう、20インチ化で長さが合わなくなってしまったスタンドの問題はかなり良い感じで解決しました。

BD-1_special-stand1.jpg

ESSSというブランドのNBS-2というアジャスタブルスタンドで、エンドに共締めし、24~28インチに対応できるというものです。スナップリングを外すことでアジャスト機構の部分を分解することができましたので、足を引き抜いてハックソーで適当な長さに切りました。

と書くと簡単そうですが、適当な長さというのがかなり微妙なんですね。実際にはやや長めのところから数mm単位で切るということを何回も繰り返し、その度に合わせてみて試しながら最適な長さを探りました。

BD-1_special-stand2.jpg

実は、18インチのときもフロントバッグを付けるとかなり不安定になり、フロントバッグ内にワイヤー錠より重いものを入れると、そのままコケてしまうほどでした。が、スタンドの長さを慎重に最適化したたことと、スタンドの長さが増した分だけ足の付く位置も車輪から遠くなりましたから、かなり重いものを入れても自立できるくらい安定性が改善されました。

ただ、スタンドのピボット部にかなり厚みがあるので、デフォルトでは折りたたんだ時にハンドルと干渉してしまう恐れがあります。私の場合はハンドルポジションチェンジャーで50mm前に出していますので、特に問題はありませんでしたが。

ということで、ブレーキの件は経済的な理由もありますのでしばらく凍結しますが、進展があったらまたお話しすることにします。(でも、あまり期待はしないで下さい。)
スポンサーサイト



テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用