FC2ブログ

酒と蘊蓄の日々

The Days of Wine and Knowledges

行きつけのうどん屋

昨日、会社の同僚と行きつけのうどん屋で昼食をとっていたときのことでした。黒いTシャツを着た若いお兄さんがかなりの低姿勢でこう言ってきました。

「すみません、テレビ東京の『出没!アド街ック天国』という番組なんですが・・・」

このお兄さんは番組のアシスタントディレクターのようで、この店の取材をしているのだそうです。客で賑わう店内の様子を引きの画で撮るだけ、食事しているところをアップで狙うわけではないので、協力して頂けないかと、そういう了解をとりに来たわけですね。ま、誰も断っている人はいませんでしたから、私たちも気軽にOKしました。

数分後、カメラと三脚、照明機材に数名のスタッフが入ってきて、カメラを三脚に据え、照明に火を入れ、カメラと照明を軽くパンさせておしまいでした。カメラを回していた時間は正味1分かそこらだったと思いますし、実際に使われるとしても数秒でしょう。私が写っているのか解りませんし、写っていたとしてもこのカットがオンエアに載るのか解りませんけどね。

彼らが引き上げて行った後、私はふと思い出しました。先週、この店の定休日である火曜日に前を通りかかったとき、出入口の脇に照明機材やら何やらが置かれていたのを見て、テレビ番組か何かの取材か、あるいはドラマのロケでもやっているのかな? と思ったんですね。ただ、沢山のスタッフが走り回っていたり、野次馬が取り囲んでいたりといった状況ではなく、かなりひっそりとしていて印象も非常に薄かったので、すっかり忘れていました。

が、昨日の撮影でだいだいハナシがつながりました。恐らく、先週の定休日を使って実際にうどんを打ったり天ぷらを揚げたりといった厨房の様子や、出来上がったうどんをビシッと撮影していたのでしょう。客の入った店内の様子だけ別撮りで、それにたまたま私も居合わせることになったということですね。



この店は以前にも日本テレビ系の『どっちの料理ショー』に「おいしい応援団」のコーナーで出たことがあるそうですし、店主が渋谷の「長徳」という店(讃岐うどんを初めて東京に紹介した店だそうです)で板長をやっていたときも情報誌などのメディアには度々取り上げられていたようなんですね。

確かに、この店はなかなかのレベルだと思います。注文を受けてからうどんを茹でたり天ぷらを揚げたりしますから、混雑しいるときはかなり待たされますが、それだけの価値があるうどんを食べさせてくれるお店です。なので、私たちの行きつけになっているわけです。

関係ありませんが、このうどん屋の向かいにある焼きそば屋も『王様のブランチ』とか『ラジかるッ』とか結構メディアに露出している店なんですよね。ま、私はそれ程とも思いませんので、うどん屋が定休日で近所の中華屋や定食屋も満席だったりして、しょうがないから焼きそばにするか、といったノリでしか行きません。ま、その辺は好みの問題なのかも知れませんけど。

ということで、私が写るかも知れない『出没!アド街ック天国』のオンエアーは7月5日だそうです。
スポンサーサイト