FC2ブログ

酒と蘊蓄の日々

The Days of Wine and Knowledges

彼女なら441倍

中央競馬・地方競馬・競輪・競艇・オートレースの公営5競技に加え、パチンコと宝くじの売り上げを合計すると年間36兆円にも上るそうです。その約8割を占めるパチンコは公的にギャンブルではないことになっていますが、実質的にはギャンブルそのものですから、日本は世界一のギャンブル大国なるようです。

しかし、当の日本人はギャンブルというとラスベガスのカジノや何でも賭の対象にしてしまうイギリスのブックメーカーなどを思い浮かべたりして、世界一のギャンブル好きはアングロ・サクソン人と思っているのかも知れません。

何でも賭の対象にしてしまうブックメーカーといえば、アメリカの大統領選挙もやはり賭の対象になっていまして、ベットフェア・ドットコムのオッズを見ますと民主党のオバマ候補は1倍強、共和党のマケイン候補は8倍強(本稿執筆時)と、圧倒的にオバマ候補有利となっています。

次期米大統領選のオッズ

アメリカでは情報レベルが低く日和見主義の無党派層は全体の60%を占めるといいます(日本も大差ないでしょう)。そのうちどれだけの人が肌の色を克服できるかが一つのポイントになると思います。

AP通信が今月伝えた調査結果では人種を理由にオバマ候補が失う票は6%と推定されていたそうです。現在の支持率はオバマ候補が60%弱、マケイン候補は40%程度で20ポイント近い差を付けていますから、この推定が正しかったとしてもオバマ候補が逃げ切れる計算になります。

この大統領選が始まったとき、『Newsweek』誌は「アメリカは黒人大統領を受け入れる準備はできているか?」と問いかけていましたが、もうすぐその答えが出ます。

え? 441倍という数字は何かって? ベットフェア・ドットコムではどういう訳かヒラリー・クリントン上院議員にもオッズが付いていて、彼女が次期米大統領に選ばれれば441倍なんだそうです。


※日本では賭博罪が適用されますので、こうした賭には参加できません。
スポンサーサイト