酒と蘊蓄の日々

The Days of Wine and Knowledges

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボールベアリング用ピンセット (その1)

私は潔癖症とはむしろ対極に近い方面の人間です。当blogに載せる写真のバックを白抜きに加工してあることが多いのも、散らかった自室の惨状をネット上に流すのが憚られるからです。とはいえ、自転車に関してはそれなりに手入れをしています。初歩中の初歩であるチェーン周りなどはいうまでもありませんが、クリーニング&給脂の効果が解りづらいハブベアリングなども怠らないようにしています。

ハブベアリングのメンテナンスはどちらかというと不具合の予防の意味が強いかも知れません。マヴィックやボントレガーなどシールドベアリングになっているものは具合が悪くなったらベアリングを丸ごと交換すれば良いのですが、シマノやカンパニョーロなどのようにカップ&コーンでハブの構造にベアリングが作り込まれているものはそういうわけにもいきません。

このカップ&コーンでベアリング部の潤滑が損なわれたり、異物が侵入したりして傷をつけてしまうと厄介です。ボールだけが痛んだとか、リテーナーの交換が可能といった場合は被害も最小限にとどまるでしょうが、それができなければハブの交換、すなわちホイールの組み直しということになってしまうわけですね。

でも、個人的にはカップ&コーンのほうが好みです。シールドベアリングは基本的に分解不可で内部には「手出し無用」というものが殆どだと思いますが、カップ&コーンはグリスを変えてみたり玉当たりを調整してみたり、それなりにいじり甲斐があるからです。

私の場合、手持ちのホイールの半分くらいは自分で組んだ手組みホイールで、その殆どがシマノのハブです。価格が非常にこなれていますし、スモールパーツも容易に入手出来るということも大きいのですが、ベアリングがカップ&コーンだからというのも大きな理由のひとつです。

マヴィックの完組みも何セットか持っていますが、これらはシールドベアリングですから、いじり甲斐がありません。ただ、フリーホイールは簡単に分解することができるため、この部分についてのメンテナンスが容易なのは美点といえます。

逆に、最近のシマノはフリーホイールが殆ど分解不可になっているかと思います。なので、隙間からパーツクリーナーを吹き込んで、グリスと汚れを除去し、新しいグリスを隙間から押し込み、しばらく空転させて馴染ませるという方法をとらなければなりません。(注:このやり方はプロショップなどでも一般的かと思いますが、メーカーが保証しているわけではありませんので、あくまでも自己責任ということになります。)

個人的にはシマノのカップ&コーンベアリングにマヴィックの容易に分解できるフリーホイールが組み合わさってくれると最高なのですが、ま、これは無い物ねだりというものですね。

さて、前置きが非常に長くなりましたが、カップ&コーンベアリングのハブをクリーニング&給脂するに当たって、常々不便に感じていたのは、ベアリングのボールを取り出したり、それを戻したりするときです。ボールを取り出すときは下にトレイを置き、細めのマイナスドライバーなどでつついてトレイに落とすというのが一般的かもしれません。が、グリスまみれのそれはあちこちに引っかかって、なかなかスムーズにいかないことがあります。

ハブベアリングのボールは当然のことながらペダルのそれなどより大きく、その分だけ摘みやすいとえます。が、それでも直径6~7mm前後の小さな球体ですから、なかなか思い通りにはいきません。サイクルメンテナンスのDVDではトップ工業のニードルノーズベントプライヤー(たぶんNN-100BN)で摘んでセットしていましたが、個人的には精神衛生上あまり望ましくありません。

というのも、ボールベアリングはかなり硬い鋼球ですが(超高級品やアフターマーケット向けにサードパーティから出ているものにはセラミック製もありますが)、プライヤーで傷がつかないという保証はありません。また、摘む力が弱かったり、摘む位置が悪いと滑って思わぬ方向へ転がっていってしまう恐れもあります。これをソフトに摘んでも確実に保持できる便利な工具はないものかと長い間探していたんですね。そして、これに行き当たりました。

anex-151.jpg
ANEX No.151

(つづく)

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ishizumi01.blog28.fc2.com/tb.php/146-04a88c5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。