酒と蘊蓄の日々

The Days of Wine and Knowledges

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続報・デュラエース7900シリーズ (その2)

個人的なハナシをさせて頂くと、いわゆるコンパクトクランクはFC-R700しか持っていません。これが少々重いので、もっと軽いものが欲しいと常々思っており、変速性能が劣るのは覚悟の上でFSAやストロングライトなど他社のカーボンクランクを導入しようかと本気で検討していました。が、コストパフォーマンス的に79デュラのコンパクトクランクは私にとってかなり魅力的です。

私の場合、旧モデルとチャンポンで使うことにあまり抵抗がない人間で、経済的な理由も含めてコンポ全てを一気替えしないことがよくあります。(実際、MTBでメインに乗っているS-ワークス・エピックFSRはこのこの夏のボーナスが出たら全部M970系XTRに揃える予定ですが、現在はM760系XTとチャンポンになっています。)

interchangeability_79-78dura_f
今頃気付きましたが、7800シリーズのラインをよく見ると「NEW FC-7800C」とあります。
例のカーボンクランクも発売する気なのでしょうか? (本文とは関係ありませんが。)


で、フロントのドライブトレーンについて79-78デュラの互換チャートを見ますと、クランクセットを替えてもBBユニットは替えずに済みますが、フロントディレイラーも同時に替える必要があるようですし、そのフロントディレイラーも78デュラのデュアルコントロールレバーとは互換性がないようです。つまり、79デュラのクランクセットをシマノが保証する範囲内で導入しようと思ったら、チェーンを含めて4点セットで替えなければならないということになるわけですね。

こうしたことから「シマノ商法」と揶揄されてしまうのかも知れませんが、見方を変えればこの4点替えでもコスト的には定価12万円強、実売価格で9万円前後といったところでしょうか(前回ご紹介した非公式の税込定価をベースに考えていますので、本当にそうなるかは保証できませんが)。

これならFSAやストロングライトなどのカーボンクランクの最上位モデルよりむしろ安いくらいですし、4点のトータルで78デュラからざっと100g減量になりますから、重量的にも充分なメリットがあります。もちろん、変速性能の良さは他社製と比べるまでもないでしょうし、78デュラよりさらに良くなっていると想像されます。

この辺は昨日のエントリでも述べましたが、今回のモデルチェンジでフロントのドライブトレーンの互換性を維持しなかったのは、やはり78デュラでも高性能だったフロントの変速性能をさらに向上させるためだと思います(あくまでも私見です)。

殊に、インナーからアウターへチェーンを引き上げる仕組みが変速性能には重要な鍵になるでしょう。シマノはこれまでもチェーンを引き上げる突起をアウターチェーンリング裏側に設けるなど、様々な工夫を凝らしてきました。今回の非対称チェーンはチェーンリング裏側に作り込まれた形状と上手く噛み合わされるように最適化され、さらに一歩進んだシステムにするためのものではないかと私は考えています(くどいようですが、あくまでも憶測です)。

ネット上には「スラムと互換性をなくすためではないか」といった噂も流れていますが、そのために従来のシマノユーザーにも不便を強いるのはちょっとナンセンスです。フロントのドライブトレーンのみ互換性が維持されなかったのは、やはりフロントの変速性能向上が主要な狙いだと考えたほうが妥当な気がします。

コンポの顔ともいえるクランクセットですが、79デュラのクランクアームのデザインはまたぞろ評判が悪いようです。個人的には左クランクの取付方法がXTR方式にならなかったのも残念に思います。しかし、79デュラのクランクセットは変速性能に大きく関与するチェーンリング裏側のデザインこそ、「シマノの本気」が秘められているのではないかと思います。そういう意味でチェーンリングの裏側のデザインと非対称チェーンには猛烈に興味をそそられています。

ということで、私が導入する場合はまずデュアルコントロールレバーとフロントディレイラー、コンパクトクランク、チェーンの4点になるでしょう。ま、コンパクトでない普通のクランクも必要に応じて追加することになるかも知れませんが、現在使用している78デュラのクランクもチャートに「Slower shift may occur depending on frame dimension.」とあるとおり、フレームのディメンションによっては変速が遅くなるかも知れないという注釈付で使えない訳ではないようです。

interchangeability_79-78dura_b.jpg

上図のように79デュラのデュアルコントロールレバーで78デュラのブレーキも引けますし、昨日ご紹介したチャートでもお解りのようにリヤのドライブトレーンに関しては互換性が保たれています。これらはしばらく現状維持で、追々79デュラに揃えていけば良いでしょう。ま、あくまでも個人的なハナシですが。

でも、コンポーネンツを総入替えせず、部分的に79デュラを導入するとしたら、デュアルコントロールレバー、クランクセット、フロントディレイラー、チェーンの4点は最も変える意味があるパターンのような気がします。

(つづく)

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ishizumi01.blog28.fc2.com/tb.php/159-cce976d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。