酒と蘊蓄の日々

The Days of Wine and Knowledges

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私がレジ袋をもらわない理由

私は近所のスーパーで買い物をするとき、必ずマイバッグを持参します。いわゆるレジ袋をもらわないようにしているんですね。

mybag.jpg

左が広げた状態で右が畳んだ状態ですが、広げたときの容量も、畳んだときのコンパクトさも、畳みやすさも、なかなか良好です。でも、このバッグは原材料不明の不織布でできているため、使い古して処分する際には資源ゴミに出せません。なので、エコバッグと呼ぶのは少々憚られます。

このバッグは近所のスーパーがメンバーズカードを持っている人に誕生日プレゼントとして無料配布しているもので、私は昨年の6月にもらいました。店の名前がしっかり書かれているために他の店ではやや使いにくいのですが、この店で1000円以上買い物をした場合は、レジ袋代2円がキャッシュバックされます。

実は、私がレジ袋をもらわないようにしているのは、この2円のキャッシュバックが目的でも地球環境を考えてというわけでもありません。

そもそも、マイバッグ運動は本当に地球環境を保全したり、石油資源を有効利用する役に立っているのか、私は甚だ疑問に感じているんですね。というのも、レジ袋を使わなくなったからといって石油の消費が抑えられるとは到底思えないからです。

俗にレジ袋と呼ばれる袋の素材は大概ポリエチレンです。石油化学製品の原料は通常ナフサになりますが、ポリエチレンなどのオレフィン系はそのうち沸点が35~80℃くらいの軽質ナフサを原料とします。それよりも沸点が高いナフサは重質ナフサといいますが、これはガソリンや芳香族化合物などの原料になります。

原油からはナフサ以外にも燃料ガスや灯油、軽油などが分離されます。これは巨大な蒸留塔を用い、沸点の差を利用するわけですが、残油(蒸発せずに蒸留塔の底に残った油)を含めて殆ど無駄なく利用されています。

topper.jpg
常圧蒸留装置

また、原油から精製された油類のおよそ80%は燃料として消費されています。原油から精製される油類は上述の通り分留によって得られますが、その比率はおおよそ決まっており、ガソリンや軽油などの燃料だけ多く取り出したい思っても技術的な限界があるんですね。

要するに、レジ袋の消費を抑えて軽質ナフサの需要が多少減ったとしても、そのダブついた分はまず間違いなく別の用途に振り向けられるでしょう。もちろん、そうなった場合も製品へ加工される際に消費されるエネルギーを含め、資源の消費を抑えられる保証などありません。ですから、社会全般で総合的に石油の消費量を抑えていかなければ殆ど意味がないと考えられるわけです。

もちろん、こうしたことはLCA(ライフサイクルアセスメント:生産から最終処分まで製品の生涯を通じた環境負荷の評価)のような観点で詳しく検討しなければ明確なことは言えないでしょう。ひねくれ者の私が曲解しているだけかも知れません。しかしながら、世間一般に信じられている「レジ袋をもらうのをやめ、マイバッグを利用すれば環境保全に役立つ」とするストーリーもきちんとLCAが行われて事実関係が確認されているわけではありません。

これは極めて個人的な見解ですが、無数にある出口をチマチマと絞っても埒はあかないように思います。本気で石油の消費を抑えたいと思うなら、入口を絞る、即ち産油量を削減するのが最も効果的でしょう。もちろん、これはかなりの痛みを伴う難事業になると思いますけどね。

入口を絞らないで出口を絞ろうとする現在のやり方では、一つ出口を絞っても別の新たな出口が作られていくでしょうから、なかなか上手くいかないと思います。というのも、絞られた出口のところにいる企業は存亡をかけて別の出口を探すはずですし、そうなればイタチゴッコは免れないと思うからです。ま、それが利権がらみで恣意的に行われているのだとすれば、バカバカしくて文句を言う気にもなりませんが。


エコロジーはいまファッションと化しており、一種の宗教のようにもなっていますが、イメージや思い込みが先行しているようで、正しい知見が広く行き渡っているとは到底思えません。「まずは行動を起こすことが大事」などと言われますが、私はそれ以前に「その行動が本当に正しいことなのか見極めることこそ大事」というスタンスです。

「それなら、オマエは何でレジ袋をもらわないようにしているんだよ?」と思われるでしょう。それはですね、地球環境ではなく、私の住環境を考えてのことなんです。買い物するたびにこうした袋をもらっていると、ゴミがかさばって邪魔になるんですよねぇ。不燃ゴミを纏めて捨てるための袋としてレジ袋も必要なので、私も常にもらわない訳ではありません。が、必要のない分までもらって部屋に余計なゴミを置かないように調整しているということなんです。

ま、エコではなく、エゴですね。でも、レジ袋を作っているメーカー以外に迷惑をかけるような行動ではないと思いますので、社会的には許されると思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ishizumi01.blog28.fc2.com/tb.php/20-5bf3f5aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。