酒と蘊蓄の日々

The Days of Wine and Knowledges

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電動デュラ発売決定! (その1)

連載というのは善し悪しで、ひとつのネタで引っ張れる利点がある一方、間に脈絡のないエントリを挟みにくいという欠点があります。カンパニョーロが11s化したニューモデルを発表したときもそうでしたが、今回も6回にわたる連載の最中となってしまった都合で、私達サイクリストにとってのビッグニュースを取り上げるのが遅くなってしまいました。

電動デュラ
DURA-ACE 7970 series

皆さんもご存じのとおり先週の土曜日に7970系デュラエースDi2(以下、電動デュラ)を来春発売する旨、シマノから正式にパブリシティされました。シマノの公式サイトは日本語のほうが情報が遅かったり詳細が伝えられなかったりして、ロード系に関してはヨーロッパのほうがずっとアテになるというのがいつものパターンでした。

が、今回は珍しくヨーロッパのサイトにある「News & Info」ではまだ伝えられていないうちに日本語サイトでは「新製品情報」として伝えられました。(デュラエースの公式サイトは更新されてちゃんと電動デュラも案内されていますが。)

思えば、シマノは2ヶ月前に79デュラを発表するも、目立ったところではデュアルコントロールレバーのシフトケーブルをハンドルバーに沿わせる内蔵式に変更したところくらいで、あとは地味にブレーキレバーやリヤディレイラーのプーリープレートをカーボン化したり、さらに地味に変速系(主にフロント)を改良したり、大して万人ウケしないトピックにとどまっていました。

直後にカンパの11s化が発表され、一気に話題をさらわれたような格好になりましたが、ここに来て電動化というビッグニュースでやり返す展開になりました。シマノがカンパの動きも読みながらこうした展開を初めから狙っていたとしたら凄いことですが、そうでなくても稀に見る新機軸の応酬になりましたね。


さて、件の電動デュラですが、既にあちこちで伝えられているのでご存じの方も多いかと思いますが、コンポーネンツ全般は79デュラと共用になります。つまり、制動系や駆動系は79デュラと同じで、デュアルコントロールレバーと前後のディレイラー、それらを駆動するバッテリーとその充電器、ワイヤーハーネスなどが電動デュラ専用となります。詳しくは互換チャートを参照して頂いたほうが解りやすいでしょう。

電動デュラ互換チャート(リヤ)
電動デュラ互換チャート(フロント)
電動デュラ互換チャート(ブレーキ)
縮小して見づらくなっていますので
PDFの公式チャート(0.5MB)もご参照下さい。


電動変速は7970系となり、原則として駆動系および制動系は手動変速の7900系互換となります。唯一、電動は11-28Tのカセットに対応していませんが、これはパンタグラフのスラント角に関係するのかも知れません。アクチュエーターの絡みで制約があったのでしょうか?

余談になりますが、やはり例のFC-7800Cがチャートに載っています。が、どういう訳か7800系互換ではなく、7900系のライン上にあります。FC-7900よりたったの16gしか軽くないコレを本気で発売する気なのでしょうか? それとも構造やカーボンファイバーのグレードを見直すなどしてより軽量化するつもりなのでしょうか?

ま、いずれにしても7900系互換としたこの期に及んで「FC-7800C」と呼称すればユーザーの混乱を招くのは必至ですが、そうしたところに意識が及ばないあたりは実にシマノらしいところです。

(つづく)

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ishizumi01.blog28.fc2.com/tb.php/206-13b825d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。