酒と蘊蓄の日々

The Days of Wine and Knowledges

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本 あんな調達こんな調達 (第4回)

国土交通省航空局 フライトチェッカーの修理


私もすっかり忘れていたこのシリーズですが、このところネタを探すのが面倒なときは5大紙(殊に朝日新聞)の社説に文句を垂れるパターンが続いていましたので、今日は『官報』の「政府調達」から一つ取り上げることにしました。


入札公告

次のとおり一般競争入札に付します。
平成20年9月25日

支出負担行為担当官
国土交通省航空局長 前田隆平

◎調達機関番号020 ◎所在地番号13
○第0434 号
1 調達内容
(1) 品目分類番号77
(2) 購入等件名及び数量
  BD700型機用APUの修理作業1台(電子入札対象案件)

(以下略)


「BD700型機」というのはボンバルディア・エアロスペース社の双発ジェット機です。同社はランディングギアの不調で胴体着陸して日本でも一躍有名になりましたが、あの事故機はDHC-8-Q400という双発プロペラ機で、ボンバルディアのオリジナルではありません。DHC-8シリーズは1980年代の初め頃にデハビランド・カナダ社が開発したもので、1996年にボンバルディアに買収され、今日に至っています。

ちなみに、「BD」というのはボンバルディア、「DHC」というのはデハビランド・カナダを示しています。エアバス社の機体も頭に「A」が付されますし、ボーイング社も「B」が付き、ボーイング社に買収された旧マクダネル・ダグラス社の機体にも「MD」が付きます。ま、こうした呼称は航空業界の習慣なのでしょう。

余談が続いて恐縮ですが、ボンバルディアも事故で有名になりましたが、「MD」といば第4世代ジェット旅客機で全損事故率ダントツ1位(100万便あたり3.45回は2位のA310の2倍以上)の悪名を轟かせたMD-11が有名ですね。これも現在はボーイング社が取り扱って(尻ぬぐいして)います。例えば、JALが「J-bird」と称し、一機一機に鳥の名前で愛称まで与え、低燃費の次世代機として鳴り物入りで10機導入したMD-11も事故の多さゆえ早々に退役となりました。その機体はボーイング社で改装され、現在はUPS社で貨物機として運用されています。

話を戻しましょうか。この案件で修理の対象になっている「APU」というのは、「Auxiliary Power Unit」即ち、「補助動力装置」のことです。ジェット機やターボプロップ機(ガスタービンエンジンのプロペラ機)はメインエンジンの自力始動ができなかったり、エアコンや機内与圧のコンプレッサー、発電器、油圧ポンプなどを駆動する動力をメインエンジンから取り出す構造になっていなかったりしますので、補助動力装置(大抵は小型のガスタービンエンジン)がそれらを担うわけですね。

航空局保有のBD700
国土交通省航空局が保有するBD700

では、国土交通省はこうした航空機をどのような目的で運用しているのでしょうか?

空港へのアプローチラインには、VORTACなどの航空保安無線施設があります。この施設からは方位・距離情報などが電波で送られており、離着陸時に重要な指標として利用されています。こうした施設が正常に機能しているかどうかは地上からのモニターでも確認されていますが、モニターアンテナより遠くの空間における電波の状態を確認するのは地上設備だけでは限界があります。

そこで、国土交通省はフライトチェッカー(飛行点検機)と呼ばれる飛行機を飛ばして、実際に空中から電波を受信し、施設が正常に機能しているかどうかを確認するわけです。要するにこのBD700は飛行の安全確認のために運用されているということですね。

私たちが日常生活で利用している交通機関や、もっと広範な社会インフラも同様の保守点検作業が日々行われています。いわば縁の下の力持ちとなる方々の努力によって私たちの日常は支えられているということですね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ishizumi01.blog28.fc2.com/tb.php/239-7b5b9364
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。