酒と蘊蓄の日々

The Days of Wine and Knowledges

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いま最もホンダらしい製品 (その1)

最近のホンダはトヨタみたいだ。

そんな風に揶揄されるようになって軽く10年は経ったような気がします。私が大好きだったホンダは、二輪メーカーでは王者でも、四輪メーカーとしては若く威勢の良い中堅メーカーだったあの頃です。

ま、今日の自動車産業は超大手メーカーのグループに属すか、独立を守るなら自ら規模を拡大していくか、そのいずれかに舵を切らなければ生き残りは厳しくなるばかりでしょう。ホンダはいまのところ後者を選んでいますから、その大所帯を維持するにはマスマーケットのニーズに応え、盤石な販売網を確保し、結局トヨタ的にならざるを得ない局面は増えていくわけですね。これはやむを得ないところだと思います。

しかし、彼らが航空業界への参入を期して立ち上げたプロジェクトは何だか久しぶりにホンダらしさを感じる良い仕事をしているように思います。

ホンダジェット
HondaJet N420HA

あまり飛行機に詳しくない方でもお気づきかと思いますが、このクラスのビジネスジェットとは明らかに雰囲気が違いますね。その最大のポイントはエンジンの搭載位置が主翼の上になっているからです。このクラスのビジネスジェットがエンジンを搭載する場所は胴体の後部測面が常識です。といいますか、主翼の上にエンジンを置くということ自体がかなり非常識な部類になります。前例がないわけでもありませんが、普通はやらないんですね。

何故やらないかといいますと、主翼の上面の気流を乱したくないからです。

揚力

ご存じのように、飛行機の翼は上図のような断面形状となっており、翼の前縁から後縁まで空気が流れる時間に殆ど差がありません。ということは、カーブを描いている翼の上面を流れる空気のほうが遠回りをする分だけ、下面を流れるそれよりスピードが速くなります。気流が速いほうが気圧が低くなりますので(ベルヌーイの定理)、下面より気圧の低い上面側へ翼が吸い上げられていきます。

これを「揚力」といい、飛行機が空中に飛び上がることができるのは、この力の作用によるというわけですね。(実際はもっと複雑で、この原理を巡っては様々な論争もあるようですが、それに触れているとハナシが進まなくなりますので割愛します。)

ですから、翼の上面に気流を乱すような障害物を置くと気流の速度が低下し、揚力も減少すると考えられることから、ずっとタブーになっていたわけです。いえ、私も初めてホンダのビジネスジェットの画像を見たときは「いくら初めてでも、コレはないだろう」と思いました。

しかし、ホンダは闇雲にこうしたエンジンレイアウトを採用したわけではなかったんですね。詳しくは後述しますが、実はかなり緻密な計算をした上でこのレイアウトで行こうということになったそうです。

そうして出来上がったテストモデルがボーイング社の風洞実験施設に持ち込まれたとき、やはり同社のエンジニア達から笑いが起こったといいます。「基本も知らない素人め」との思いから沸いた失笑に違いなかったでしょう。

ホンダがこのようなエンジンレイアウトを採用したのは何故か? それは従来のビジネスジェットには構造的に様々な制約があり、ホンダはそこをブレイクスルーしようという大きな野心を抱いていたからです。

(つづく)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ishizumi01.blog28.fc2.com/tb.php/268-0acf89da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。