酒と蘊蓄の日々

The Days of Wine and Knowledges

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

撮っているのはコイツ

「プライバシーの侵害ではないか?」といった意見もあり、賛否両論渦巻いている「Google Street View」ですが、私の実家でもカーポートのところにいた母が写っていましたし、私が務めている会社でもサービススタッフが写っていました。確かに利便性の高いサービスではありますが、面識があれば人物が特定できてしまうレベルとなると、心情的に複雑なところもあります。

一応、人の顔は自動認識でボカシ加工されているそうです。が、日本版については自動車のナンバープレートが機械判読できるレベルだというレポートもあります。色々犯罪にも悪用できそうな要素はありますので、諸手を挙げて賛成とは言いづらいサービスですね。

ところで、この写真を撮影しているクルマはプリウスだということが知られています。そこで、「Googleイメージ検索」で調べてみましたら、その写真も簡単に見つけることができました。

Google Street View 撮影車1

ルーフキャリアの上にポールを立てその上に特殊なカメラを設置しているという格好になるようですね。ルーフキャリアを用いず、屋根に直接ポールを立ててしまうと、それも車両の一部と見なされます。すると、車両の全高が変わってしまうことになるため、改造申請が必要になります。車検証の型式に記載される際、オシリに「改」と付く格好になるわけですね。

キャリアを介して着脱可能な状態にしておけば積載物と見なされますから、その必要はなくなります。ま、現実問題として、役目を終えて下取りに出す(あるいはリースアップしてリプレースする)際にはこういう改造などしないほうが良いのは明白ですから、当然でしょう。

プリウスの全高は1490mmですから、カメラ部の地上高は写真から推測すると2500mmくらいになるものと思われます。中にはドア部に「Google」のステッカーが貼られているものも目撃されています。

Google Street View 撮影車2

いずれにしても、非常に目立ちますから一目でそれと解るでしょう。Google Street Viewに載りたくないという方は、このクルマが近づいてきたら身を潜めたほうが良いということですね。ちなみに、海外では車種もまちまちのようです。

Google Street View 撮影車3
Google Street View 撮影車4
Google Street View 撮影車5

カメラも色々バリエーションがあるようですが、ニュービートルに搭載されているものは下の写真のようなプラネタリウムの投影機みたいな感じです。

street_view_camera_head.jpg

車内には大きめの専用モニタが設置されているようですが、思ったよりシンプルで洗練されている印象です。

street_view_car-inside.jpg

前職で特殊車両を手がけてきた私の視点から見ても、このサイズのモニタを見やすく運転の支障にならない位置に設置するとなれば、ここ以外にはないと思います。が、助手席のエアバッグは運転席のそれよりずっとボリュームがありますから、この位置では作動時に吹っ飛ばされてしまう恐れがあります。

余談になりますが、DIYでPC用のモニタやノートPCをこんな感じに車載したり、ダッシュボード上に芳香剤やらドリンクホルダーといったカー用品を無造作に設置したり、人形やオブジェなど色々飾り付けをしている人も珍しくありません。中にはエアバッグが作動したときのことを考えると恐ろしくなるような状態になっているケースもあります。もし心当たりのある方は、早急に改善されたほうが良いでしょう。

上の写真の場合、素人の仕事でない限りは助手席のエアバッグを殺してあるハズですが、そこまで配慮されているかどうか見た目では解りません。もし、エアバッグを殺さないというのであれば、多少見づらくなるのも我慢してもっと低い位置に下げるか、小型モニタをインダッシュないしセンターコンソールの上にオンダッシュで搭載するしかないでしょう。

ま、全般的にはハードウェアも色々練られ、改良も重ねられている印象です。が、それを運用するシステムや社会的な理解はまだまだこれからといったところでしょうか。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ishizumi01.blog28.fc2.com/tb.php/308-6426b5da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。