酒と蘊蓄の日々

The Days of Wine and Knowledges

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふゆトピア (その1)

日本は世界屈指の豪雪地帯を抱える国ゆえ、その雪氷対策は国や地方自治体、各高速道路会社(旧道路公団など)にとっては重要な課題です。そのため、国土交通省の外郭団体である社団法人日本建設機械化協会が元締めとなって、シンポジウムや展示会などを取り纏めた催し物が毎年開催されています。

これは「ゆきみらい」とか「ふゆトピア」といった名称で、概ね北海道・北陸ないし中部・東北の順で持ち回りとなるため、3年で1周します。今年は「2008 ふゆトピア・フェア in 千歳」という名称で、シンポジウム、研究発表会、展示会、実演会、交流会(歓迎レセプション)が千歳市民文化センターやANAクラウンプラザホテル、市立千歳中学校のグラウンドなどで開催されています。

clturecenter.jpg
千歳市民文化センター

千歳市民文化センターではシンポジウムや地元自治体の資料展示などが行われています。

datadisplay.jpg

こうした雪氷対策について書いても面白くも何ともないので、省略しますが、ぶっちゃけ毎年あまり変わり映えはしませんね。ま、そんなに画期的な技術やアイデアがポンポン出てくるようなジャンルでもありませんから、当然ではありますけど。

そんなに広い業界ではないので、私がどのような業務で関わっているのか詳しくお伝えすることはできませんが、今後も毎年このイベントに参加することになるのは間違いありません。


ところで、例の防寒靴ですが、もう余裕で対応してくれました。遠赤外線ソックスだの、靴用カイロだの、その手の小細工をするより、ああいう本格的な靴を求めるのが一番だと断言します。

ただ、大きな誤算がありました。ずっと野外での活動になるつもりでいたのですが、諸般の事情で屋内での業務に専念することになってしまったんですね。暖房の効いた屋内では暑くて履いていられませんので、普通の靴に履き替えました。ま、それでも野外に出るときは活躍してくれたので持参したことが無駄になったわけではありませんが。

ということで、明日は午後に撤収して苫小牧港から商船三井フェリーの「さんふらわあ」(のどれかは知りませんが)に乗って大洗港まで向かいます。当blogの更新が可能かどうか微妙ですので、やはり予約投稿で今回の続きを少しだけお送りしようと思います(といっても、ネタが乏しいので期待しないでください)。

(つづく)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ishizumi01.blog28.fc2.com/tb.php/32-ebc2404f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。