酒と蘊蓄の日々

The Days of Wine and Knowledges

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めから解っていたこと

「NAFTA(北米自由貿易協定)は見直す。」
「日本や韓国にハイブリッド車は作らせない。これからはアメリカで作る。」

これらの発言はオバマ氏の選挙演説の一部です。彼が保護主義に傾倒していることは大統領に選ばれる前から解っていたことですが、案の定、朝日新聞の論説委員は彼のこうしたイデオロギーを全く知らなかったようです。盲目的に彼に対する期待を膨らませてきたということが今日の社説で明らかになりましたね。

バイ・アメリカン―保護主義の誘惑を断て

世界同時不況を受けて、輸入関税の引き上げや自国産業への補助金のような保護主義的な動きが、各国に出ている。そこへ、よりによって戦後の自由貿易体制の中心となってきた米国で、公共事業から輸入製品を締め出すような法案が審議されている。

 問題の「バイ・アメリカン(米国製品を買う)」条項は、8千億ドル(約72兆円)を超える景気対策法案に議員修正で盛り込まれた。公共事業で米国製の鉄鋼の使用を義務づける内容で、下院が先週可決した。賛成の中心となったのはオバマ大統領の与党、民主党だ。上院では義務づけの対象品目を工業製品全体へ広げた法案を審議中だ。

 これには各国から批判の声が高まっている。欧州委員会は「可決されれば看過できない」と警告。日本も二階経済産業相が先週末の世界貿易機関(WTO)の非公式閣僚会合で「昨年11月の金融サミットで保護主義防止を誓った首脳宣言の趣旨とまったく違う」と指摘し、見直しを求めた。

 オバマ大統領は今週、テレビのインタビューでこれについて「貿易が世界規模で落ち込んでいる時に、米国が世界貿易より国益ばかり考えているというメッセージを送るのは誤り」「貿易戦争を引き起こさないという保障が必要だ」と述べた。もっともである。

 ただ今後、上下両院の調整を経て、もしこの条項が景気対策法案に含まれたまま議会を通れば、オバマ氏も難しい立場に置かれる。拒否権を行使すれば景気対策の財政出動や減税まで遅れるし、いきなり議会と対立するのは新政権として避けたいところだろう。

 そこは、世界の期待を背負って登場したオバマ氏である。いまから議会を説得し、保護主義を寄せつけない姿を世界に見せてほしい。上院は考え直して条項を削除すべきだ。

(後略)

(C)朝日新聞 2009年2月5日


オバマ氏は一昨日、ABCニュースのインタビューで「バイ・アメリカン」条項について反対を表明しました。が、彼は選挙戦を通じて上述のような保護主義の姿勢を明確に打ち出し、選挙民の支持を得てきました。彼の選挙公約ともいうべき保護主義を撤回して本気で反対に回ったのか、各国の批判を見据えた上でとりあえずジェスチャーとして反対を表明しただけなのか、その辺の真相は解りかねます。

ただ、どちらに転んでも、オバマ氏はあの漫画オタク総理大臣と同じくコロコロと態度を変える日和見主義ということになります。もっとも、彼が日和見主義であるということも初めから解っていたことですけどね。

例えば、彼は対イラン政策についても度々立場を修正していました。選挙戦では人種の融和を唱えながら、親交の深かったジェレマイア・ライト牧師が白人敵視発言をしていたことが明るみに出たときの弁明も酷いものでした。当初は「私が教会にいた時には聞かなかった」としながら、黒人牧師グループから「ライト牧師を切り捨てるのか」と批判されるや、その言動を知っていたことをアッサリと認めました。

また、『ニューヨーク・タイムズ』紙のボブ・ハーバート氏には「都合のいいときだけ右に傾き、無謀なジグザグ運転の結果、ムチ打ち症にはならないまでも、幻滅されるのは目に見えている」と酷評されています。

朝日新聞の社説は「拒否権を行使すれば景気対策の財政出動や減税まで遅れるし、いきなり議会と対立するのは新政権として避けたいところだろう」としていますが、それ以前に彼がこの法案に拒否権を行使するということは、彼自身が選挙戦中も掲げてきたイデオロギーを曲げることになります。日和見主義である上、選挙民を謀った不誠実な大統領ということになりますから、そうやすやすと拒否権は行使できないでしょう。

失笑を禁じ得ないのは、オバマ氏に対して「保護主義を寄せつけない姿を世界に見せてほしい。」などと述べているところです。保護主義的な発言を何度も繰り返してきた彼に対してこんな願望を寄せるということは、この社説を書いた論説委員は彼のイデオロギーをマトモに確認してこなかった動かぬ証拠です。

以前にも『ニューズ・ウイーク』誌で「ヨーロッパは「諸悪の根源」であるブッシュ政権の終わりに胸を踊らせながらも、オバマのイデオロギーの細部についてはほとんど点検してこなかった」という指摘がなされていたことをご紹介しました。「世界の期待を背負って登場したオバマ氏」というストーリーとそのイメージの多くはメディアによって創作されたものであったということが今後も次々と明らかになっていくでしょう。

ま、そうなったとしてもメディアは自分たちの非を認めることなく、暗に「期待外れだった」と彼に対する評価を一方的に下げていくだけでしょうけどね。いつもの持ち上げては落とす「手のひら返し」という必殺技を使って。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ishizumi01.blog28.fc2.com/tb.php/336-8533db47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。