酒と蘊蓄の日々

The Days of Wine and Knowledges

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読み違い

TBSの『サンデーモーニング』はコメンテーターがマトモな発言をすることもありますが、総じて日本の大衆メディアにありがちな短絡思考と煽りが多い印象です。関口宏氏のようにジャーナリズムとは全く無縁で、バラエティ番組の司会や俳優を生業としている人物をメインパーソナリティに据えている時点でこの番組が報道番組ではなく、単なる情報バラエティ番組でしかないのは明白ですけどね。

この番組の終盤に設けられている「風をよむ」というコーナーはその辺をわきまえず、半端にジャーナリズムを気取った感じで非常に鼻に付きます。公式サイトの説明文には「日々のニュースでは埋もれてしまいがちな出来事の背景、その意味を独自の取材で、じっくり分析、お伝えします。」 とありますが、それは誇大広告以外の何ものでもありません。「独自の取材」といっても殆どは街頭で通行人にインタビューしただけで、その素人の意見を番組制作サイドの都合の良いように編集したVTRが「じっくり分析」した結果というのは失笑を禁じ得ません。

今日(3月1日)の「風をよむ」は「“自分の死” 考えていますか…?」というテーマでした。映画『おくりびと』がアカデミー賞の外国語映画賞を受賞したことに因んだもののようですが、今回もまた勘違い炸裂の酷い内容でした。

風をよむ

昨年、警察が取り扱った死因不明の遺体は16万体を超え、一昨年に対して7000体以上増えた旨が指摘されていました。そして、彼等はこれを老人の「孤独死」と結びつけていました。しかし、こうした変死体の多くは事故や自殺などによるもので、孤独死とそれほど深い相関があるわけではありません。

もう一つの勘違いは、孤独死の増加を「高齢化」によるものと断定的に捉えていたところですね。確かに老人が増えればその分だけ孤独死も増えるとは思いますが、そもそも孤独死が何故起こるのかという部分を彼等は失念しています。

老人が孤独に死んでいくというその状態は、「最期を看取る家族などがいない」ということです。つまり、子や孫と離れて暮らしている老人が増えた、即ち核家族化が進んでいることが、誰にも看取られずに死に、発見が遅れるという事例を昔より増やしている主たる要因と見るべきなのです。

私が子供の頃は『サザエさん』の磯野家ような家族構成は珍しくありませんでした。実際、私の父の実家も叔父が継いで祖父母と同居していましたし、母方も完全な同居ではありませんでしたが、伯父が間に数軒挟んだすぐ近所に住んでおり、ほぼ毎日顔を合わせていました。

現在ほど豊かでなかった時代は経済的な理由で別居したくてもできなかったケースも多かったでしょうし、年老いた親の面倒を見ないことに対する世間の目や、それを受けての後ろめたさも今日より強かったように思います。が、いまは逆にいつまでも親と同居しているのは独り立ちできない半人前と見られることもあるくらいです(特に大都市圏では)。これほどの核家族化は高度成長期以降に進んだもので、それ以前の老人は子供と同居しているほうが当たり前だったわけですね。

ちなみに、1980年の日本の総世帯数は3600万弱でしたが、それから30年近くを経た現在は5000万くらいに増えています。単独世帯が約700万世帯から約1500万世帯に倍増しているのが目立ちますが、核家族世帯も約700万世帯(約30%)増えています。

また、若いお母さんにありがちな「育児ノイローゼ」も適切なアドバイスをしてくれる経験者が身近にいないことが大きな要因で、核家族化の弊害の一つと見るべきでしょう。実母や姑など育児経験者と同居して良好な関係が築けていれば、育児に悩んでノイローゼに陥るなどということは滅多に起こらないでしょう。

いまは多くの人が親との距離が近いことを煩わしく思い、配偶者の親は元より、自分の親とも良好な関係を維持できない人が増えているのかも知れません。そういう人は勢い別居を望み、そうした家族形態の在り方を否定するような考えから自分の立場を擁護したくなるのでしょう。そういう人は核家族化の弊害についてあまり真剣に向き合わず、核家族化の弊害と考えないようにして他に原因を求め、ハナシをすり替えてしまおうとするのかもしれません。

もちろん、親と別居することが悪いことだと言いたいわけではありません。が、自分の死や家族の死を考えるのであれば、自分の最期を家族に看取ってもらえるのか、家族の最期を看取ってあげられるのか、そうした部分も考えてしかるべきでしょう。あるいは、核家族化の弊害をあえて考えないようにするのが「時代の風」で、その風を読んでそこに触れないようにするのが彼等流の「風をよむ」ことなのでしょうか?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ishizumi01.blog28.fc2.com/tb.php/350-9b195a54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。