酒と蘊蓄の日々

The Days of Wine and Knowledges

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コスト度外視などあり得ない

どがい‐し【度外視】

考慮の範囲外とみなすこと。問題にしないこと。心にかけないこと。「採算を―する」

『広辞苑 第五版CD-ROM版』より
(C)財団法人新村記念財団 発行:株式会社岩波書店


当blogでも取り上げましたが、シマノとカンパニョーロから相次いでロードバイク用コンポーネンツのトップグレードで新型が発売されました。これを受けて自転車雑誌は様々な特集を組んでいますが、老舗の『サイクルスポーツ』誌は先月20日発売の3月号で昨年度追加されたスラムのそれを含め、「激突!3大コンポーネント」という特集を組んでいました。

サイスポ09年3月号

その中でカンパニョーロが復活させた最高級グレード、スーパーレコードに冠する見出しはこうなっていました。

「コストを度外視したプレミアムパーツ」

本当にコストを考えずにクォリティだけを徹底的に追求するとなれば、製造原価は青天井になります。現実としてそんな製品が成り立つとは考えにくいところですが、仮に可能であったとしても通常のラインナップと全くの別扱いとし、単発的な企画商品でなければ買い手も現れないでしょう。

しかし、スーパーレコードの価格はグループセットで定価38万円少々、通信販売でも普通に買えてしまいます。「自転車は1万円以下の商品」という認識の人から見ればあり得ない価格になるのでしょうが、自転車を趣味としている人なら普通の会社員でも全く手が出せない価格という程ではありません。このレベルの製品であれば、きちんと市場調査が行われ、販売価格が設定され、それに見合った製造原価と諸経費と利益が計算されているのは間違いありません。

もちろん、採算が取れるかどうかは状況によりけりです。開発費や生産ラインの整備など初期投資が回収できるかどうか確実に予測できるとは限りませんから、多かれ少なかれリスクは伴うものです。が、こうしたリスクは自転車のコンポーネンツメーカーに限らず、製造業だけにとどまるものでもなく、ありとあらゆる商売に通じるものです。

物を作るに当たってコスト管理をしていないという状態は機械メーカーに勤める人間の常識からしてまず考えられません。フェラーリは1台ン千万円もしますが、高価な製品は高価な製品なりにコストが計算され利益が見込まれているものです。ちなみに、私が担当している機械も主力はフェラーリとほぼ同じ価格帯になりますが、もちろんコスト管理を怠ることなどできません。

例えば、零細なトラック輸送業者が荷主との関係を維持するために不採算覚悟の無理な金額で受注したり、下請けの町工場がやはり取引先との関係を維持するために同様の無理な注文を受けたり、立場の弱さにつけ込まれるケースは現実に多々あるでしょう。が、世界規模で一般消費者向けの製品を製造しているメーカーが通常ラインナップの製品でコストを管理しないなどという状態はまずあり得ません。

上述のような取引先との関係を維持するため無理をしているケースのほかにも、例えば別に充分な採算部門を持っているから多少の不採算でも会社のルーツとなる商品を存続させたいからとか、単発的なキャンペーンで「損して得取れ」の出血大サービスをしているとか、赤字を容認するケースは色々あるでしょう。が、それとてコストを全く考えていないということはあり得ないでしょう。赤字が出るにしてもそれがどの程度なのかということさえ把握していないようでは営利企業など成り立ちません。

カンパニョーロにしてみれば、ロードバイクのコンポーネンツは屋台骨を支える主力製品です。この部門でキッチリとコスト管理を行ってシッカリと利益を確保していかなかったら、彼等は企業として存続し得ないでしょう。ま、この「コストを度外視した」という台詞はカンパニョーロ自身が言っていることではなく、メディアが勝手に言っているだけだと思いますので彼等に責めはないのでしょうけど。

あの見出しを書いたライターが本気で「コストを度外視した」と思っているのであれば、それはメーカーが製品を開発し製造し流通させるプロセスの一切を知らないか、そもそも「度外視」という言葉の意味を正しく理解していないか、全て解っていながら大げさに盛り上げるため意図的にそういう表現を用いて読者をミスリードしているのか、いずれかになるでしょう。いずれにしても、ジャーナリズムの風上にも置けないレベルの低さと言わざるを得ません。

私としては、厳密なコスト管理で無駄なコストは削れるだけ削り、必要な部分には相応のコストを割き、可能な限り販売価格を抑え、品質の高い製品を提供し、ユーザーから喜ばれ、尚かつ利益もきちんと確保できているという状態が最も理想的な在り方だと思っています。そういう意味では「コストを度外視した」などという状態はビジネスとして手抜き以外の何ものでもなく、決して自慢話にも褒め言葉にもなりません。ま、あくまでも機械メーカーに勤める私の主観ですけどね。

コメント

はじめまして。
自転車雑誌は有料の広告だと思ってますので、
あれはただの提灯記事でしょう。
ここ数年は写真を見るために立ち読みするだけで
自転車雑誌は買ってませんけど。(^^;

  • 2009/03/03(火) 19:43:06 |
  • URL |
  • 秋風 #t50BOgd.
  • [ 編集]

コスト

コスト度外視ではなく、きっちり計算したから、あの価格での販売なのであり、「コスト度外視」は確かに間違い。「(販売価格を考えない)妥協なき品質」と言いたかったのだと想像します。

  • 2009/03/03(火) 22:31:38 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

サイクルスポーツ誌

かなり昔になりますが私が大学生時代スポーツ自転車店でアルバイト店員をしていました。高校時代からサイクルスポーツ誌はバイブルのように隅から隅まで読み内容を覚えており大学生になっていざ自転車屋の店員になってみて感じたことなのですがサイスポ誌は現実にある自転車販売業界の現状とは大きく事実と異なる夢物語みたいなことばかり書いてある雑誌なんだと思いました。カンパニョロの旧SRのことしかりシマノの旧デュラエースのことディスクホイールのことカーボンフレームのことなど。当時BSのアルミフレームのレイダックというのがあってロードエンドが走行中に亀裂が入り破断しユーザーが大怪我するという事故がありましたがそんな重大なこともサイスポ誌は報道しませんでした。私は店員になってサイスポ誌の記事を信用しなくなりました。だって広告主のお金次第でいくらでも広告主に有利な記事を書いてもらえるんだから全然公正ではないのです。
サイスポ誌は安いしカラー写真も多いから見た目キレイな雑誌ですけどまさに広告のための雑誌だと思います。
その点ニューサイクリング誌はまだ、不器用ながらもましな記事かな?と思いました。
採算を度外視したカンパニョロの部品売価なんて嘘ですよ。だいたい売れる数量自体知れたものなのにインポーターの輸入マージンや為替リスク考えたら薄利でやることは無理です。インポーターは30%かそれ以上のマージン取っていると思います。インポーターはもちろん返品不可なんですから。
精度を極めただの剛性は必要にして充分だの強度と精度が高い次元で融合しただの美辞麗句はいろいろありますが所詮は一円玉と同じアルミ二ウム製の部品なんですから素材の価格なんて知れたものなんですョ。たとえ熱処理してあっても添加物が含まれていたとしてもネジにチタン使っていたとしても大した原価ではありません。
ま、サイスポ誌眺めて妄想を膨らませるには良いかもしれませんけど。お子ちゃま雑誌です。

秋風さん>

初めまして。

>自転車雑誌は有料の広告

そうですね、自転車雑誌に限らず、自動車雑誌もファッション誌も広告収入で成り立っている情報誌の類は多かれ少なかれ提灯持ちのような記事になってしまい、広告主の不利益になるような本音は書かないものですよね。

でも、新型が発売されたときなどは「ここがダメだったのが改良された」みたいな感じで、旧型になった途端にその悪い部分が本音で書かれたりして笑ってしまうことがあります。

ま、ここまでムキになることもなかったかも知れませんが、私などは仕事でコスト管理に腐心することがありますから、そういう苦労を知らない人が適当に「コストを度外視した」などと言っていると、やはり呆れてしまいます。



名無しさん>

>きっちり計算したから、あの価格での販売

仰るとおりだと思います。

かつてラインナップさせていたスーパーレコードを一度引っ込めたのも、結局は採算が合わなかったからに違いありませんし、今回それを復活させたのもコストに見合う売り上げが期待できると見込んだからに違いありません。

高価なパーツを買うとき、そのステイタスとか夢や希望みたいな部分も併せて買っている人は少なくないと思います。かく言う私も「UCIプロチーム供給モデル」という箔が付いているものを買って悪い気はしませんし。

でも、メーカーはもっとシビアな現実と向き合っているものなんですよね。限られたコストの中で妥協せずに品質を追求することの大変さを知らないからこそ、あのような表現になってしまったのだと思います。



林宏(実名です)さん>

私は当blogで何度となくメディアのいい加減さを指摘していますし、プロフィールのところにもマスコミ批判が趣味と書いているように、新聞に書かれていることも基本的に信用していません。なので、広告主の提灯持ちになりがちなこの種の情報誌のインプレ記事などは特に眉唾で見ています。

仰るとおり、サイスポは夢物語みたいなことを書いて素人の物欲を煽るようなところがありますね。ま、でも他のジャンルの情報誌も似たり寄ったりだと思います。自動車専門誌の中でも特にカスタムパーツやタイヤ、ケミカル類などチューニング系アイテムの専門誌はかなり酷い都市伝説をせっせと作り続けている感じです。自転車誌もパーツやケミカル類の記事はそれと非常によく似た毛色の記事になっていますね。要するにそういう風にイメージを膨らませることがメーカーとメディアの共存共栄に繋がるのでしょう。

私の場合、新製品が紹介されている記事を眺めたり(お陰でスネ毛を処理する専用の電気シェーバーにも出会えた訳ですけど、その記事も間抜けなことが書かれていたので当blogで批判してます)、ヨーロッパのプロロードレースの記事を読んだり、たまにMTBツーリングの面白そうなコースが紹介されているので参考にしてみたり、サイスポとはそんな感じでお付き合いしています。今月号はたまたまアスタナのキャンプを取材した記事とMTBで廃道を走る記事があったので興味をそそられ、何となく買ってみました。

ちなみに、工業製品の量産にかかるコストで大きいのは、金型の製作費ですね。カタチが複雑になるほど高く付きますし、それを使った生産数量が少ないほどその償却に時間がかかり、採算ラインが厳しくなります。

アルミなんかも難しい技術が色々ありますので、お金をかけようと思えばどこまでも行ってしまうでしょうが、シマノはトヨタよりも早く冷間鍛造の技術を確立したり、ホローテックのようにハイドロフォーミングで成型する高度な技術を持っていたりします。が、それを驚くような低コストで実現しているところが彼等の凄いところの一つだと思います。

  • 2009/03/05(木) 01:22:07 |
  • URL |
  • 石墨 #PxDbU/1w
  • [ 編集]

何セット

カンパニョロにしてもシマノにしても高級コンポーネント部品って何セット売れるんでしょうね?
4輪や2輪の世界は売れた台数がはっきり公表されますのでそこから売上を類推して計算できるのですが自転車部品は非公表でしょう?
多分、そんなに売れないものだと思います。
スポーツ自転車の販売店だって日本に何軒あるんだか……。4輪の部品とは売れる数が大きく離れているはず。
自転車部品は家内製手工業品です。私は以前大阪堺市のある町工場でデュラエースのピストハブのグリス入れとワン打ちのアルバイトをしたことがあります。
工場主の話によるとシマノはとにかく検査が厳しい。1ロットの中に組み付け不良が一個でもあったら全品やり直しさせられるそうです。
デュラエースは下請け町工場で組み立てられている。売れる数が少ないからそうなるのだと思います。カンパニョロもやはり下請けの町工場……でしょうか?

  • 2009/03/08(日) 08:43:45 |
  • URL |
  • 林宏 #mQop/nM.
  • [ 編集]

林宏さん>

仰るとおり、自転車部品の販売数量については公表されていないようですから、具体的なマーケット規模はよく解らないですね。ただ、個人的な印象としましてはデュラエースやレコードなどに見合った価格帯のロード用フレームが様々なメーカーからあれだけ沢山リリースされていることを考えると、それほど小さな規模ではないように思います。

実際、私のようなサンデーサイクリストでもデュラエースのフルコンポで組んでいますし、イベントに参加して周囲を見渡してみても私のような例はごく普通です。さらに海外のほうが競技人口といいますか、愛好者数といいますか、マーケット規模が遙かに大きいのは間違いないでしょうから、それなりの数は出ているような気がします。ま、ピスト用となればニッチな感じもしますが。

ちなみに、シマノのH21年度12月期の通期事業予測では2050億円(前年同期比12.8%減)の売上を見込んでいますが、そのうち自転車部品は1640億円で全体の80%を占めます(残り20%の内訳は釣り具が19.5%、その他0.5%となっています)。自転車部品の売上1640億円のうち、日本国内はわずか70億円で、96%近くを海外マーケットに依存しています。

ま、この数字はシティサイクルなどごく普通の自転車に用いられるものも少なからぬ割合で含まれているでしょうから、どこまで参考になるかは解りませんが、海外マーケットの依存度が非常に高いということは明らかです。ヨーロッパ(売上全体の40%超)などは特にそうですが、日本より本格的なサイクリストの人口が多い分だけ、デュラエースなど高級コンポの需要も多いと思います。(あくまでも推測に過ぎませんが。)

ご質問に関する情報としましては、あさひさんとこのblogでシマノの本社工場を見学したという記事もいくらか参考になるかと思います。
http://www.cb-asahi.jp/2009/01/post-320.html
内容は大したことありませんが、「そこには企業秘密だろうという機械がずらりと並び、目の前で次々と形を変え7900系のクランクが作られていました。」というくだりから下請けの町工場の仕事ではなく、シマノの本社工場でそれなりの規模による大量生産がなされているということが読み取れると思います。また、同じ記事の中にセミナーの様子も写真で紹介されていますが、大阪で行われたショップ向けのセミナーでこの雰囲気ですから、取扱店も決して少なくないと私は見ています。

カンパニョーロもヴィチェンツァにある本社工場を取材したレポートを何本か読んだことがあります(例えば、エイムックの『カンパニョーロ完全読本』http://www.amazon.co.jp/dp/4777909727にも工場見学の様子が写真入りで掲載されています)。こうしたレポートを見た限りでは、切削やバフがけなど工員さんの手作業による工程も少なくないようですが、全体を見渡しても非常に近代的な生産システムになっている印象です。

細かい構成部品の加工に関しても熟練した職人さんの手仕事オンリーというわけではなく、普通にプレスや切削など工作機械による加工が行われている工場制機械工業になっていますね。治具や検査器具などがキチッとしていて、各工程がシステマチックに管理されているように感じました。

半導体デバイスなどの工場のように殆ど無人化されて人間は管理するだけという感じにオートメーションの進んだ工場もありますが、機械モノはまだ工員さんの手作業による工程が多く残されていると思います。構成部品単体の製造には全自動や半自動のラインも珍しくないでしょうけど、それらを組み立てる工程は今でも手作業になる部分が多いと思います。

自動車メーカーもボディのプレス加工や溶接、塗装工程などロボットによるオートメーションが進められていますが、アッセンブリーラインは未だに手作業の部分が少なくありません。それゆえ、今般の不況に伴う大幅減産で沢山の派遣工や期間工が切られたわけです。手作業=少量生産ではないということですね。

  • 2009/03/09(月) 23:36:11 |
  • URL |
  • 石墨 #PxDbU/1w
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ishizumi01.blog28.fc2.com/tb.php/351-1cf317fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。