酒と蘊蓄の日々

The Days of Wine and Knowledges

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKエフェクト?

以前頂いたコメントにもありますが、アメリカでは地球温暖化対策を求めるデモなどが行われる日は決まって吹雪や記録的な寒波に見舞われることから、「ゴアエフェクト」という言葉が定着してきているんだそうです。ま、「晴れ男」とか「雨男」とかそういう発想と同次元ではありますが、このところNHKがニュースで「今年は記録的な暖冬」と騒ぐと何故か東京では雪が降るんですよねぇ。もちろん、単なる偶然だということは重々承知していますが、2度も続くと笑ってしまいます。

先週の金曜日(2月27日)、私は仕事で成田空港へ行ったのですが、会社を出たときはみぞれ交じりといった感じでした。道中、京成線の車窓から見えた範囲では少し積もっていたところもありましたが、それは既に千葉県内に入っていたところですので、東京が完全な雪になったかどうかは目撃していません。

ただ、気象庁のデータベースによりますと、当日の東京(大手町)は12時台が「雪」になっており、東京での降雪が公式に記録されているのは間違いありません。NHKがニュースで記録的な暖冬だと大騒ぎし、そのせいで今年は東京で雪が降っていないとの旨を伝えていたその数日後のことでしたから、笑ってしまいましたね。

一昨日(3月2日)の朝も大きなネタがなかったからか、朝のニュース番組『おはよう日本』でかなり時間を割いて暖冬だと騒いでいました。もちろん、そのせいとは言いませんが、ご存じの通り昨日の夜から今日の未明にかけて東京は雪になりました。

一昨日の『おはよう日本』のそれは暖冬に結びつく様々な事例をVTRに纏めたものでしたが、異常に気温が上がった2月14日を大きくクローズアップしていました。その他にも細かいところでは都内のホームセンター(恐らく、私もよく行くコーナンの本羽田萩中店だと思います)で暖房器具の売り上げが落ち、自転車の売り上げが伸びているといったことも伝えていました。(関係ありませんが、私は昨年の12月にここでトイレの暖房用に電気ヒーターを1台買っています。)

このVTRの中で「地球温暖化」という言葉が発せられることは一度もありませんでした。何せ、欧米は記録的な寒波に見舞われ、世界的に見るとかなりの厳冬となっていますから、さすがにNHKもその辺は考慮したのでしょう。日本が暖冬になったのは「偏西風の蛇行で日本の東海上の低気圧が弱まり、西高東低の冬型の気圧配置になりにくかった」と気象庁は説明しており、NHKも一応はこの点をフォローしていました。それだけに、平均気温が平年よりたかだか1.5℃前後高いなど珍しくもないことで大騒ぎする必要があるのか疑問を覚えます。

ただ、例のごとく趣旨に都合良く偏った事例を取り上げていたのは確かですね。上述のようにホームセンターで暖房器具が売れなかったとか自転車が売れたとか、コンビニでアイスが売れたとか、ドラッグストアで花粉症対策用のマスクが売れたとか、そういうハナシばかりをいくつも並べて殊更煽っていました。

しかし、「ヒートテック」と称する発熱繊維で作られた下着が大ヒットし、ユニクロの業績を大きく引き上げたことは当然のように伝えませんでした。オホーツク海の流氷の接岸が統計を始めた1959年以降2番目に遅かったことは伝えていましたが、1989年には接岸すらしなかったことには触れませんでしたし、気象庁の言うブロッキング現象について深く掘り下げるようなこともしませんでした。要するに、「この冬は暖かかった」ということだけを強調していたに過ぎません。

これは邪推になるのかも知れませんが、暖冬だったということを殊更に強調すれば、「地球温暖化」という言葉は用いなくとも、視聴者が勝手にそうした方向へイメージを重ねてくれるだろうと見込んだ一種のプロパガンダだったのかも知れません。ま、何の根拠もありませんので、あくまでも個人的な憶測に過ぎませんけどね。

ちなみに、気象庁の季節予報では「平成21年1月下旬の気温は、関東以北では高く、2月上旬から中旬の気温は全国的にほぼ平年並みかやや高め。」という予想でした。が、戦後二番目の記録的な暖冬で、2月14日には各地で2月の観測史上最高気温を更新したのですから、「ほぼ平年並みかやや高め。」という予測は間違っていたわけですね。ま、季節予報が当たらないのはいつものことですが。

地球温暖化の研究と称して行われているコンピュータシミュレーションもこのアテにならない季節予報に用いられている気候モデルと基本的に全く同じ仕組みのものが使われています。数ヶ月先の傾向も正しく予測できない道具で50年後100年後が正しく予測できると言い張る彼等に対する疑念が今年の冬もまた膨らむことになりました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ishizumi01.blog28.fc2.com/tb.php/352-d8c301f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。