酒と蘊蓄の日々

The Days of Wine and Knowledges

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pomeraは良くも悪くも電子メモ帳である (その3)

pomeraはキーボードを二つ折りにし、その上に液晶ディスプレイが重なるという構造であるうえ、キーボードの左半分がスライドする構造でもありますから、畳んだ状態ではベースになる部分とキーボードの左半分と右半分と液晶ディスプレイの4層を重ねる格好になります。

電池は本体と液晶ディスプレイとをつなぐヒンジ部分に収める格好ですから、それによって厚みが増加するということはありませんが、いかんせん4層を重ねれば1層を薄く仕上げてもそれなりの厚さになってしまいます。滑り止めのラバーなど突起部を含めた全体の厚さは28mmにもなっています。

こうした構造を考えますと、スペースの確保はシビアなのかも知れません。が、ストレージがmicroSDカードというのは少々邪魔くさい感じです。PCとデータをやりとりするにはこのmicroSDを経由するか、USBケーブルでつなぐか、どちらかということになります。が、私の場合はデジカメでそうしているようにSDカードを抜いてPCのスロットに差し込むほうが一々ケーブルを取り回すより便利だと思います。これがmicroSDとなると、私の環境ではアダプタを用いなければなりませんから、少々面倒になります。

そもそも、頻繁に抜き差しすることを考えますと、microSDは小さ過ぎて扱いにくく感じます。耐久性の面でもやや不安がありますし、ここはやはりフルサイズのSDカードのほうが良かったように思います。近年のコンパクトデジカメは驚くほど薄くなっていますが、安易にmicroSDに走らないのは、要するにカードを抜き差しするユーザーが多く、そのほうが使い勝手がよいと考えているからでしょう。

pomera 03
pomeraのmicroSDスロット
microSDカードには爪などを引っかけて抜き差ししやすくする
出っ張りがありますが、何を思ったのか、このスロットは
それが下を向くように設計されています。
要するに、これを設計した人はUSBケーブルで繋ぐことを
デフォルトと考え、microSDは拡張メモリとして入れっぱなし
ということを想定しているのでしょう。
しかし、裏面には様々な張り出しがあるのですから、
バルジを設ければフルサイズのSDカードを収めるスペースは
充分に確保できたように思います。


あと、細かい部分になりますが、電源を入れる際にスイッチを2秒ほど長押ししなければならないという仕様になっているのもどうかと思います。私が昔使っていた日立のPERSONA(HPW-200JC)というWindowsCE機の電源スイッチはキーボード右上(厳密には一番右上にあるデリートキーの左隣)にありましたが、長押しする必要はなく、それでも不用意に電源が入ってしまうことは一度もありませんでした。普段持ち歩くときは液晶ディスプレイを畳んで外にスイッチボタンが露出することなどないのですから、当然のことですが。

pomeraの電源スイッチもキーボード右上にありますが、スイッチボタンと同じ高さの囲いがあり、不用意に押しにくいような構造になっています。しかも、そのキーボード自体を半分に折りたたみ、さらにその上に重なるような格好でディスプレイを畳み込むわけですから、何かの拍子に電源を入れてしまうということはPERSONA以上にないといえるでしょう。また、pomeraの場合、使わないときは畳んでおきたいと思わせるような構造でもありますし。これでスイッチ長押しを要求する仕様というのはちょっと理解しがたいものがあります。

起動まで約2秒ではありますが、それだけに2秒の長押しは煩わしい感じです。そもそもバックライトがなく、消費電力も非常に小さく、オートパワーオフ機能もあるのですから、そこまで神経質になる必要もないと思うんですけどねぇ。例えば、長押しにするか否かもユーザー設定が可能なようにしておき、オートパワーオフを切っている場合のみデフォルトで長押しの設定となるようにしておくとか、そんな自由度を持たせても良かったのではないかと思います。

その電源ですが、エネループも使えるため、ランニングコストの面でも優れています。アルカリ乾電池などより電圧が低いせいか、フル充電でも比較的早いタイミングで残量の表示単位が一つ減りますが、実用時間は特に問題ないと思います。圧倒的に長い駆動時間だけでなく、予備電池も嵩張らないというメリットから、バッテリー残量を気にするという呪縛からは完全に解き放たれた感じです。

メーカーが「デジタルメモ」と称しているように、余計な機能の一切を排除したテキストエディタとして明確なコンセプトであるのは良いのですが、能力的には(特にIMEの能力は)充分と言い難く、個人的に使いにくいと思う点はこれまで述べてきましたように沢山あります。そのうちのいくつかはファームウェアのアップデートでも対応できそうですから、何とかして改善して欲しいところです。

ま、色々文句を垂れましたが、長文入力にストレスのないキーボードを備え、これだけコンパクトに仕上げてきた点は賞賛すべきでしょう。もし、モデルチェンジが行われ、上述のような不満点の解消と、もう少しのスリム化がなされたなら、個人的には買い替えても良いと思わせる魅力を感じています。

(おしまい)

コメント

ちょうど買おうとスペック、ブログ等をチェックしていたところに
ストライクど真ん中のログでした。
超感謝です。

レジュメ、記録、覚書き、草稿などテキストを打つ機会が多いのですが、
13インチノートや10インチノートでも重量や駆動時間の関係で
結局、使わなくなってしまいました。

pomeraは昨秋発売とのことでしたが、知らなくて今になった次第です。
ケータイもそうですが機能が増えるとかえって使わなくなるもので、
テキストのみという割り切った機能に魅力を感じています。
店頭で少し触ったのですが、仰るとおり、第一印象としては、
8000字限界はもうちょっと多いほうがいいと思います。
駆動時間が必要十分なので、たぶん買うだろうな・・・(笑)

インプレッション、ありがとうございました。参考にさせて頂きます。

  • 2009/05/31(日) 09:18:51 |
  • URL |
  • kay@ocha's web #-
  • [ 編集]

kayさん>

私も全般的なスペックの低さから最初は様子を窺っていたのですが、品薄になって入手しづらくなってくると逆に欲しくなってしまうもので、年明けくらいに入手しました。

実は、購入してから1ヶ月くらい経ったとき、気になった点について一度まとめてみたのですが、その原稿を書きながらさらに気になる点がいくつか明らかになってきたため、しばらく様子を見ることにしました。このタイミングでblogのネタにしたのは、テレビCMが流れるようになったことと無関係ではありません。

実際に使ってみての不満点は本文の通りですが、特にIMEの能力の低さには時々舌打ちしてしまうことがあります。ま、そうはいってもこの機動力の高さは他に代わるものがないと思いますので、それなりに割り切って愛用していますが。

電車などで移動中に使っていると周囲の視線を感じたり、羽田空港で時間調整中に使っていたら話しかけられたり、コレに興味がある人も少なくないようです。テレビCMで認知度が上がれば、より注目されるかも知れませんね。

最近ファームウェアがアップデートされているのですが、「UNDOを含んだ、ある特定操作を行うとポメラが正常動作しなくなる現象を修正しました」という点を除いて私の使い方にはあまり影響がないものばかりです。この正常動作しなくなるという現象も私はいまのところ経験しておらず、メーカーへ返送して2~3週間かかるというアップデートをやる必要があるかどうかは微妙なところです。

メーカーへの返送は着払いでOKということになっていますから、メーカーサイドにしてみれば往復の送料だけでも相当なコストになるでしょう。これに加えてアップデート作業の人件費もかかるでしょうから、ネット経由でアップデータファイルを配布し、USBケーブル接続状態でPCからプログラムを実行してユーザーサイドで対処できるようにしておかなかったのは失敗だったと思います。

どれだけ利益が載せられているのか解りませんが、元々の価格が大して高いものではありませんから、それなりに吐き出してしまうことが懸念されます。深読みすれば、今後もこの製品を発展させていくための授業料と割り切り、ユーザーを失わないよう次期モデルも見据えた投資と考えているのかも知れませんね。

実のあるモデルチェンジがなされたなら、代替えしたいと思わせるだけの魅力はあると個人的には思います。

  • 2009/06/01(月) 21:45:23 |
  • URL |
  • 石墨 #PxDbU/1w
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ishizumi01.blog28.fc2.com/tb.php/405-1f6e7a6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。