酒と蘊蓄の日々

The Days of Wine and Knowledges

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何と、いきなりプリウスが首位

昨日(6月4日)、自販連から5月の統計結果が発表されましたが、新車販売台数でプリウスが10,915台を記録し、ランキング(軽自動車を除く)2位のフィットに2,000台以上の差を付けていきなり首位(軽自動車を含む全体では3位)に躍り出ました。新型の発売が18日でしたから、月末まで僅か2週間しかなかったことを考えると、これは凄い数字です。それなりにタマ数を持って速やかにデリバリーできるよう周到に準備していたのかも知れません。

主要車種の登録台数推移08.12-09.05
主要車種の登録台数(2008年12月~2009年5月)
ご覧のようにプリウスとインサイト以外は年度末の駆け込み以降、低調が続いています。
新車効果が見られる一部の車種を除くと殆ど前年同月比でマイナスになっており、
全体では19.4%減(10ヶ月連続前年割れ)で、いわゆる「エコカー減税」の効果は見られません。
発売から5年経過した(モデル末期と思われる)パッソが前年同月比2.8%増と例外的に健闘していますが、
同じ販売店の稼ぎ頭だったカローラは53.5%減とかなり深刻な不振に陥っています。
(出典:社団法人日本自動車販売協会連合会)


意外だったのはインサイトで、4月に1万台超を記録したのはメディアの注目を集めるための(PR会社に手引きされた?)作為的な供給調整によるもので、すぐに5,000台強のペースに落ちるものと私は見ていました。ところが、4月に比べれば2,300台近く減らしたものの、5月も8,183台を記録して3位に踏みとどまっています。

ま、私の「1ヶ月天下」という予想は当たりましたが、この供給能力は想像以上でした。インサイトは4月からさらに増産されているという情報もありましたから、その効果かも知れません。もちろん、欧米への割り当てを各々1000台程度絞っている可能性もありますが。

今日(6月5日)の毎日新聞の朝刊にある「新車販売:プリウス首位 ハイブリッド快走 減税追い風、トヨタとホンダ好循環」という記事には以下のように書かれています。

プリウスの攻勢で、インサイトの5月の販売台数は前月比21・9%減の8183台だった


しかし、これは読みの浅い稚拙な解釈と言わざるを得ません。これを書いた記者はインサイトがまだかなりのバックオーダーを抱え、納期が2ヶ月程度かかっている状況を失念しています。5月にインサイトを購入した人は、恐らく3月くらいの契約だったと思われます。プリウスの攻勢によって減少したのではなく、4月に1万台超を供給できたのが特別だったというだけで、この8,183台は現状での国内供給能力の限界と見るべきです。

そもそも、当初計画の年産20万台から約5万台分上乗せされていたという3月末時点で鈴鹿製作所の生産能力のほぼ40%に達していたそうですから、フィットなどの主力車種も生産しているこの鈴鹿でさらに大規模な増産体制を構築するのは非常に困難でしょう。

ハイブリッドシステムの根幹を成す専用モーターも鈴鹿製作所内に新設されたラインで組み立てられているそうですから、当面はシフトを増やして稼働率を上げるしか対処できないと思われます。鈴鹿製作所には埼玉製作所から100人規模の応援スタッフが派遣されているといいますから、そうした取り組みを既に始めているようです。

もちろん、部品メーカーからの供給(日本の自動車メーカーの部品内製率はせいぜい2~3割といったところでしょう)にも限界がありますから、自社の製造ラインの稼働率を上げれば良いという単純なハナシでもありません。

ということで、国内の供給能力に関しては依然としてインサイトのおよそ2倍はあると見られるプリウスがしばらく首位に君臨し続けるのは間違いないでしょう。今月からはプリウスEXも発売になりますから、さらに毎月2,000台くらい上乗せになるハズで、当面この差を埋めることはできないでしょう。もっとも、インサイトの需要がプリウスのそれを上回るという状態も考えにくいところですが。

今年1~5月で29,118台販売されたプリウスが、先般予測したように18,000台/月でコンスタントに推移すると仮定した場合、12月までに15.5万台を超えます。年度(4~3月)では19万台を超える計算になりますから、2008年度に205,354台を売り上げたワゴンRと良い勝負になり、年度でもいきなり日本一になってしまう可能性が出てきました(軽自動車を除けばフィットを抜いて日本一になるのは間違いないと思います)。ま、あくまでも個人的な推測に過ぎませんけど。

トヨタにとって当面の課題は、このバカ売れしているプリウスの製造原価を如何にして引き下げ、利益率を向上させるかというところにあると思います。インサイトの低価格路線に対抗して値下げを敢行した現状では「利益なき繁忙」というべき状態に陥っている可能性も否めません。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ishizumi01.blog28.fc2.com/tb.php/409-2f5695cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トヨタ プリウス

インサイトとプリウスの価格 インサイトとプリウスの価格インサイトはどうして低価格(ハイブリッドカーの枠内では)で販売ができるのですか?逆に言えば、プリウスはどうしてインサイト並みの価格で販売できないのですか?(続きを読む) 日立プリウスAR37Pは欠陥のあ

  • 2009/06/06(土) 12:15:41 |
  • サスケ的とれんど

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。