酒と蘊蓄の日々

The Days of Wine and Knowledges

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東洋経済のキヤノン叩きは明らかな虚偽報道である (その5)

東洋経済が不当にキヤノンを叩いた記事は「利益追求のため製造請負に依存し、現場の品質管理が低下しているゆえに不具合が多発しているのではないか?」というストーリーを導こうとしています。が、これまで述べてきましたように、キヤノンの不具合で製造現場の品質管理に関係している可能性が否定できないのは最近4年間に1件しかありません。その1件も確実に結び付くとは言い難く、ましてやこの1件では到底「多発」といえる状況ではありませんから、このストーリーに無理があるのは明白です。

そもそも、「不具合を多発させるような手抜きをしているから収益が上がっている」といった発想自体が根本的に間違っています。製造業の実情という以前に、世の中の仕組みをもう少しリアルに理解できていれば、決してこのように短絡的な思考パターンにはまることもないでしょう。やはり、この入社2年少々の記者はまだ社会人として未熟なのかも知れません。また、こうした記事を精査せずに垂れ流した東洋経済は経済ジャーナリズムというにはあまりにもお粗末で、低俗なゴシップ週刊誌と同レベルと見るべきでしょう。

確かに、品質管理のレベルを下げればコストダウンになるでしょうから、利益率を上げることは可能かも知れません。が、それは不具合を放置した場合に限ります。不具合を公表して相応の対策を実施するとなれば、結局は品質管理を本来あるべきレベルに引き上げなければなりませんから、ラインの立ち上げから見直しがかかるまでの期間しかコストダウンできないことになります。また、後からラインに修正をかけるくらいなら、立ち上げのときからその必要がないようにしておいたほうが修正にかかる余計な追加コストも避けられるように思います。

もちろん、それでハナシは終わりません。市場に出回ってしまった製品を回収し、不具合の対策を実施するとなれば、それはもう莫大なコストがかかります。手抜きによって少々のコストを抑えたところで製品回収となれば桁違いのコストを吐き出してしまうでしょう。つまり、不具合を多発させてその対応に追われるくらいなら、初めから不具合が出ないように管理を徹底していたほうがむしろコストを抑えられるということです。

この記事が描こうとしている「キヤノンの高収益は不具合の多発に支えられている」といったストーリーは、キヤノンが不具合を公表せず、製品の回収もせず、放置しているような状態だったなら当てはまるかも知れません。が、彼らは実際に不具合を公表し、製品を回収して対策を実施しています。不具合の内容が製造現場の品質管理に繋がるものなのか否かも検討しなかった上に、こうした初歩的な認識も欠けている支離滅裂な記事の問題点を編集段階で誰も指摘しなかったのは、キヤノンに対する悪意があったか、ジャーナリズムとして全く無能なのか、どちらかということになるでしょう。後者なら東洋経済こそ品質管理が杜撰と言うべきですね。

個人的な感想としましては、EOS 5Dのミラー脱落というのは確かに酷いハナシだと思いますし、自分の身に降りかかったとしたら腹も立ったでしょう(それでも「恐怖体験」などと取り乱すことのない自信はありますけどね)。EOS 1D MarkIIIなどのAF用ミラーの問題もプロ仕様の最上級機であることを考えるとお粗末と言わざるを得ません。このこと自体についてキヤノンを擁護する必要などないでしょう。

私はEOS 5以来、15年以上キヤノンユーザーをやっていますが、彼らに対する不満がないわけでもありません。もちろん、私はキヤノン信者というわけでもありません。フィルムとデジタルを合わせて国内10ブランド、海外4ブランドのカメラを愛用してきたくらいですから。

ついでに言いますと、私はアンチニコンでもありません。EOS 1Nを手に入れる前段にニコンF4を本気で買おうと思っていた時期もありました。結局レンズを揃え直すほど経済的に余裕がない身分ですので止めましたけど。ニコンとはあまりご縁がなかったのは確かですが、引伸機(印画紙にフィルムの画像を焼き付ける機械で、私はLPLのC7700プロを所有しています)のレンズにはずっとELニッコールを愛用してきました。

私は製造業に身を置く人間ですから、絶対に不具合を起こさない完璧な製品を作り続けるなど不可能であることは身に染みて解っています。実際、私が関わった仕事で不具合が起こり、ユーザーに頭を下げに行ったことも1度や2度ではありません。

そういう立場から言わせて頂けば、不具合を出さないよう努力するのは当然ですが、それでも至らずに出してしまった不具合には誠実に対応するのがメーカーとして当然の務めなんですね。キヤノンもニコンもソニーなども出してしまった不具合や、それに対する向き合い方に大きな違いを見出せませんし、各社とも対応に問題はなかったと感じています。

私が東洋経済に対して許せないと思うのは、こうしたメーカーの取り組みを正当に評価せず、キヤノン以外の各社の不具合も把握できないような低レベルな調査と、キヤノンの不具合が製造現場に直結する内容なのか否かの検証もせず、噂話レベルの証言を寄せ集めてキヤノンだけが利益追求に走って不具合を多発させているとする虚偽の報道をしているところです。「相次ぐ製品不良が何らかの異常を告げていることだけは確かだ」という結びの一文は、要するにこれを書いた記者が予め用意していたストーリーの根幹を成すものなのでしょう。

この記者の頭の中には初めから「高収益を上げながら派遣切りを敢行した憎きキヤノンを糾弾すべし」という安っぽい正義があったのかも知れません。それに沿った取材で虚構をでっち上げていることに本人も気付かないまま記事を書き上げてしまったのかも知れません。(あくまでも個人的な憶測です。)

書いた本人としてみれば正義感に駆られていただけなのかも知れませんが、思慮の浅い人間の正義感ほどアブナイものもありません。こういうタイプは正義の御旗を振りかざすと道筋などお構いなしに暴走してしまうことがよくあります。暴力行為で新聞沙汰になる教員なども実は真面目な正義漢で、己の主観で正しいと信じて振るった「正義の鉄拳」が生徒に大けがを負わす結果になってしまったとか、教員の暴力が黙認されていた時代にはこういう事件も時々ありました。

『会社四季報』のように圧倒的なシェアを誇る資料本を出版し、この業界ではトップレベルの信頼を得ているであろう出版社の経済誌であっても、東大の大学院を卒業した人間が書いた記事であっても、内容を精査しなければ信用してはいけないということですね。この一件でもメディアリテラシーの重要性を再確認させて頂きました。

この一件に関するキヤノンの態度は、某都知事に名指しで中傷されたホンダ同様、「莫迦は相手にしない」というものでした。こうしたことは下手に騒ぐとさらに低レベルなメディアも食いついてきますから、週刊現代を訴えた日本相撲協会のように却って余計な憶測から莫迦げた風評を呼んでしまうことがあります。騒ぎを拡大して野次馬にたかられるだけ損ということなのでしょう。キヤノンもホンダ同様、賢い「大人の判断」をしたのだと思います。

え? 当事者であるキヤノンはスルーしたのに何故オマエは5回にも渡る連載で東洋経済を批判しているのかって? それは私のプロフィールにも書いてあるとおり、趣味だからです。

(おしまい)

コメント

感想

わはははは。最後の落ちがなんとも良いですね。


「巨大会社は悪」というようなひがみは良くないですね。巨大会社は巨大会社であるがゆえ傲慢な会社もあるのは事実です(新日鉄、三菱重工など)


マスコミが一社を叩いて正義を気取るのは以前からありましたが今回のようにトンチンカンなことを書いていると東洋経済社そのものが信じられなくなりますね。


石墨さんは馬鹿のことを莫迦と表記なさっていますけど、それは貴兄の主義ですか?(^_^)

  • 2009/07/18(土) 12:15:02 |
  • URL |
  • 林 宏 #GHYvW2h6
  • [ 編集]

林 宏 さん>

>巨大会社は巨大会社であるがゆえ傲慢な会社もあるのは事実です

確かに大分キヤノンの雇用問題は傲慢な部分がありました。1000人規模の派遣切りを行った上で期間工の新規募集をしたり、メディアに「使い捨て」と批判されても仕方ない部分があったのは事実です。

が、それはそれで批判すればよいことで、ろくな根拠もなく製品の品質に不当な言いがかりを付けるのはお門違いです。こうした情報はユーザーを徒に不安にさせるもので、実際にネット上でもかなり話題になっていました。これを鵜呑みにしなかったユーザーも不快に思ったでしょう。


>馬鹿のことを莫迦と表記

「バカ」というのは元々僧侶の間で用いられていた隠語だったそうです。ご存じのように仏教はインドで生まれ、中国を経て日本へ伝わりました。そのため、仏教用語の多くはサンスクリット語に語源を持ち、漢訳されて日本へ伝わっているんですね。

「バカ」という言葉も元々は「無知」「迷妄」を意味するサンスクリット語の「baka」「maha」が語源になっているようです。これが中国人によって「莫迦(ばくか)」「慕何(ぼか)」と音写されました。日本に伝わったこれらが変化して「バカ」と発音されるようになったようです。一方、「馬鹿」というのは後に「バカ」という音に合わせた当て字だと考えられています。

ま、それほど拘っているわけでもありませんが、当て字よりは本来の流れに従っている「莫迦」としたほうが良いだろうということで、コチラを用いている次第です。

  • 2009/07/19(日) 13:54:20 |
  • URL |
  • 石墨 #PxDbU/1w
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ishizumi01.blog28.fc2.com/tb.php/439-ca750f54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。