酒と蘊蓄の日々

The Days of Wine and Knowledges

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイオク軽油あります

次代プリウス?」のエントリで頂いたコメントで油種の話になって思い出したのですが、かつて日本列島がSUVブームに包まれた頃、ディーゼルエンジンのそれが普及したのに伴って「ハイオク軽油」なるものが登場しました。このエントリのタイトルにあるような看板や張り紙があちこちのスタンドに掲げられたシュールな光景に、私は失笑を禁じえませんでした。

ガソリンの場合、自己着火しにくいアンチノック性の指標として「オクタン価」が用いられ、この値の高いガソリンは「ハイオク・ガソリン」などと呼ばれています。が、ディーゼル燃料である軽油に求められる性能はこれと逆で、自己着火のしやすさを示す指標に「セタン価」が用いられます。

ご存知のように、ディーゼルエンジンは高圧縮で筒内温度を上げ、燃料を自己着火させるため、スパークプラグがありません。セタン価の高い燃料のほうが適切なタイミングで燃焼しやすいため、ディーゼルノックが抑えられる、より高品質な燃料といえるわけですね。

このように「セタン価」と「オクタン価」は全く逆の指標です。厳密には違いますが、感覚的には反比例するとイメージしても良いでしょう。ですから、「ハイオク軽油」などというものがもし本当にあるとしたら、それはとんでもない粗悪ディーゼル燃料だということなんですね。

ま、マトモなところはちゃんと「プレミアム軽油」と表示していましたけどね。でも、「ハイオク軽油」と掲げていた彼らは、自分たちが商品として売っている燃料の性質を全く理解していなかったということです。

ということで、この阿呆なスタンドの話は、実は予備知識といいますか、次回の話題につなげる前振りになります。続きは、また明日。



[お断り] このエントリの第2~4段落は2年近く前に某メールマガジンへ投稿し、掲載されたものを再使用しました(文体は当blogに合わせて少し変えましたが)。配信数3万を超えるメールマガジンですので、どこかで引用されているかも知れませんが、当方がオリジナルになります。

テーマ:自動車全般 - ジャンル:車・バイク

コメント

実は僕のオートバイ(SR)は、ハイコンプに改造してありまして、SR仲間から「ハイオク必須」と言われました。
何故なのか一応説明してもらましたが、みんなの言っている意味がよくわかりませんでしたが、

なるほど……、こうやって説明してもらえればもの凄いわかりやすいですね。

ただ、実際はレギュラーでも普通に走ってしまいます。そんなにノッキングとかしないです。ただ、レギュラー入れたときは多少延ばし目のシフトチェンジをしないとなりませんが。なのでプラセボの可能性はありますが、一応ハイオク使ってます。

そう言えばショップの社長も別に「ハイオク使え」とは言わなかったなぁ。
11.5対1ってのは、たいしたハイコンプじゃないってことですかね。
数字に弱いというのは、こういうとき困ります。

実はノーマルだったりして(笑

  • 2008/02/14(木) 18:58:32 |
  • URL |
  • Ocha #-
  • [ 編集]

Ochaさん>

ノッキングの理屈はかなり難しいんですよね。

端的に言いますと、前炎反応(自己着火に至る化学反応)の速度が
スパークプラグによって着火された火炎伝播の速度に勝ってしまうと
ノッキングになります。

ですから、火炎伝播の距離や時間が長くなるほど
前炎反応が早く進行するほど、ノッキングしやすくなるわけです。

例えば、タクシーなんかは燃料がLPGですね。
一般に流通しているブタン:プロパン=8:2ですと、
RON(リサーチオクタン価)=105くらいになります。
JIS規格のハイオクガソリンはRON=96.0以上ですから、
タクシーの燃料は充分にハイオクなんですね。

最近の都心ではマニュアルシフトのタクシーを見かけなくなりましたが、
昔はシフトダウンせずに加速しようとしてカリカリ鳴らしながら走ってる
ズボラな運ちゃんが沢山いましたよね。

タクシーのエンジンなんて全然ハイコンプではありませんし、
充分にオクタン価の高い燃料を使っているハズなんですけどねぇ。

これは低速ノックというんですね。

スロットルを開いて混合ガスが沢山入って行こうとするんですが、
ピストンスピードが上がらないために火炎伝播に時間がかかり、
前炎反応のスピードに負けてしまうからなんですね。
ま、低速ノックはさほど実害はありませんけど。

エンジンを壊すノッキングは殆どの場合、高速ノックのほうで、
これは専らオクタン価の低い粗悪燃料で起こるものです。
ストーブ(キャンプ用コンロ)とかランタン用のホワイトガソリンなんかを
使ったら多分一発だと思います。

高速ノックはエンジンの設計やチューニングがまずくても起こり得ますが、
最近のクルマやモーターサイクルなら、その心配はまずないでしょう。

四輪のほうはATだったりアンチノックセンサが付いていたりして
低速ノックなんてまず起こらなくなりましたが、そうでなければ
上述のタクシーのようにハイオクでも低速ノックは起こるものです。

高速ノックが起こらなければ、あまり気にすることはないと思いますよ。

  • 2008/02/14(木) 22:51:47 |
  • URL |
  • 石墨 #PxDbU/1w
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ishizumi01.blog28.fc2.com/tb.php/44-9f2deba9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。