酒と蘊蓄の日々

The Days of Wine and Knowledges

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3年後に期待

ご存じのように今日はトカラ列島で皆既日食が見られるということで報道番組などでも盛んに伝えられています。私が住んでいる東京でも75%近く欠ける部分日食が見られることになっています。が、どうも予報では曇りがちのようですから実際に見られるかどうかは微妙な感じですね。75%くらいの部分食では暗くなりませんから、完全に雲がかかってしまうと日食だということに気付くこともできないでしょう。

となると、気になるのはその次の日食ですが、来年1月15日に沖縄で約62%、東京で約3%の部分食が見られるそうです。2011年の6月2日にも東北地方より北で部分食が見られるそうですが、宗谷岬で12%程度ですから、ま、大したことはありませんね。

個人的に期待したいのは2012年5月21日です。ドリカムの歌にもあるのでご存じの方も多いかと思いますが、この日は鹿児島から水戸あたりまで日本列島を斜めに貫くように金環食が見られます。東京や大阪、名古屋などの主要都市も金環食になりますから、今回よりも多くの人がダイナミックな天体ショーを楽しめるでしょう(晴れればですが)。

残念なのは月曜日で東京の最大食(約97%)が午前7時34分33秒になってしまうところですね。私の場合、通勤時間にかかってしまいますので、ゆっくり見てなどいられません。

その次は?

細かい部分食は沢山あるのですが、日本で見られる皆既日食は2035年9月2日になります。この日は狭いながらも本州を皆既帯が通ります。能登半島から水戸あたりを貫きますので、この線上にいる方は約2分ほどと短いながらも皆既日食が見られます。東京でも99%以上欠けますから、どこかへ見に行かない限りは私の人生で最も大きく欠ける日食になるでしょう。ま、26年後のことですから、東京に住んでいるかどうか解りませんけど。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ishizumi01.blog28.fc2.com/tb.php/441-896f4314
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。