酒と蘊蓄の日々

The Days of Wine and Knowledges

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライカのようでハッセルブラッドようでもあるカメラ (その3)

ペンタックスMXとオリンパスOM-1の両方を手に入れ、実際に使い比べてみますと、やはりOM-1の非凡さに感心します。

ペンタックスは元々コンパクトなカメラを作るのが得意で、その拘りは現在のK-7などにも貫かれています。機械式シャッターだった時代も非常に精緻な設計と製造技術の高さがあっただけに、それに依存しているようなイメージもあります。要するに、ペンタックスは細かいメカを作るのが得意な分だけ、全般的に小さく作り込むことでMXをコンパクトに仕上げることができたという印象です(あくまでも個人的な感想です)。

一方、オリンパス(というより、米谷氏が設計したカメラ)の場合はペンシリーズやXAなどもそうでしたが、スペースの割り振りが天才的というべきでしょうか。個々の部品はそれほど驚異的な小ささではない印象ですが、その配置の仕方が極めて合理的で、無理のない構造でありながら驚くほどコンパクトに仕上がっているという感じなんですね。実際、ジャンクカメラをレストアする趣味をお持ちの方もいらっしゃいますが、OM-1はそれほど難易度が高くないと評される一方、MXは素人がそのメカに手を入れるべきではないといいます。

MXは一般的なカメラと同じくシャッタースピードのダイヤルがシャッターボタンのすぐ左隣にあります。しかし、OM-1より大きいペンタプリズム部とシャッターボタンや巻き上げレバーなどに囲まれて、かなり窮屈なんですね。このシャッタースピードダイヤルやシャッターボタンの根元にあるそのロック機構(シャッターボタン半押しで内蔵露出計がONになりますので、シャッターボタンをロックするこれはメインスイッチに相当するものと考えて良いでしょう)はかなり操作しにくいと感じます。

シャッタースピードを電子制御するようになれば、それを切り替えるダイヤルは電気スイッチになります。シャッタースピードダイヤルとシャッターの駆動系メカニズムをつなぐ要素は電気配線になりますから、その配置の自由度は非常に高くなります。が、機械式シャッターの場合はダイヤルの動きを機械的に伝えなければなりません。ダイヤルの位置もシャッターの駆動系メカニズムも各々の機械的な連絡を考えて配置しなければならず、その分だけスペース配分の制約が大きくなります。

レンジファインダーのライカは当然のことながらペンタプリズムもミラーボックスも、ミラーを動かすメカニズムも必要ありませんから、シャッタースピードダイヤルを配置するスペースもシャッターを駆動するメカズムも一眼レフほどスペース的な制約が少なく、あまり無理のない設計ができたのだと思います。

しかし、MXのようにライカと同じくらいの大きさで同じ位置にシャッタースピードダイヤルを配置してしまうと、操作性もメカニズムそのものも勢い窮屈になってしまったということなのでしょう。素人がMXのシャッター機構をバラしたらかなりの確率で元に戻せなくなると言われるのも、そうした窮屈な設計ゆえだと思います。

一方のOM-1は正面から向かってミラーボックス右手にミラーの駆動メカニズム、左手にミラーのダンパーを割り振り振っています。つまり、MXがシャッター機構ほか諸々のメカニズムを押し込んだ部分にはミラーのダンパーとセルフタイマー機構と露出計などしかありません。もっとも、露出計についてはその殆どがシャッターボタンの左隣にあるフィルム感度設定ダイヤルの中に組込まれていますので、大したスペースを必要としていないようです。

では、OM-1のシャッター駆動系メカニズムはどこへ行ってしまったといいますと、それはボディの底に這わせるような格好で配置されています。その一部はミラーボックスの下にもかかっていますから、ボディそのものの薄さがネックになることもなく、余裕を持った設計ができているという印象です。また、シャッタースピードをコントロールするダイヤルはレンズマウントの基部にレンズと同軸になるようリング状のものが組込まれています。要するに、レンズにある絞りリングと同じように扱うという方式です。

もし、OM-1もMXのように軍艦部にダイヤルを載せてボディ底部のシャッター駆動系にシャフトか何かで動きを伝えようとしたら、ボディを縦に貫く長い距離で遊びや狂いが生じないようにする必要から色々苦労したと思います。また、そのシャフトを通す分だけ他のメカの設計に制約を与えることになっていたでしょう。

が、レンズマウントの基部にリング状のシャッタースピードダイヤルを配置すれば、その一部は必然的にボディ底部に届きますから、その辺の設計が非常に楽になります。オマケにペンタプリズムによって立て込んだ軍艦部へ使用頻度の非常に高いダイヤルを無理に押し込むより操作性にも優れるという一挙両得ともいうべき秀逸なレイアウトになっているわけですね。

OM-1シャッタースピードリングの伝達機構
OM-1のシャッタースピードリングとその伝達機構
レンズを外してみるとシャッタースピードリングの内側が見えます。
その動きをラック&ピニオンでボディ底部に配置されたシャッター機構に伝える
という構造になっていることが分解しなくてもここを見れば解ります。


こうしたリング状のシャッタースピードダイヤルを下手に組込もうとすると、ボディが厚くなりかねないものですが、OM-1は充分に薄く仕上げられています。口径の大きいレンズマウントを生かし、ミラーボックス部と上手くスペースを割り振ったということなのでしょう。

ただ、このシャッタースピードリングは鏡筒の一部に見えてしまうんですね。その分だけレンズが厚く見えてしまい、いわゆる「パンケーキレンズ」があまりパンケーキっぽく見えないというのが難点とまではいえないにしても気になる部分ではあります。

OM-1+40mmF2.jpg
OM-1+ZUIKO 40mm/F2
OMシリーズ用交換レンズとしては随一の薄さを誇る40mm/F2ですが、
ご覧のようにマウント基部のリング状シャッタースピードダイヤルの存在が
このレンズの薄さを見かけ上スポイルしている感じです。
逆にいえば、その分だけミラーボックス部が薄く見えますから、
ボディがよりコンパクトに感じられます。


ここからは余談になりますが、この種のパンケーキレンズは発売当時あまり人気がないというのが普通なんですね。それで絶版になってから人気が出てくるというジンクスがあるのですが、このZUIKO 40mm/F2も例外ではありません。この種のパンケーキレンズはテッサータイプでF2.8あるいは3.5程度の暗いものが多い傾向にありますが、このレンズは6群6枚のガウス型で比較的明るいF2というのも人気を押し上げているのでしょう。

かくして、定価22,000円というお手頃価格だったこのレンズは、現在その2~3倍くらいで取引されているようです。もちろん、こうしたプレミアが付いているのは中古市場での流通量が極めて少ないゆえです。これだけの金額を出せるとしても、それなりに運が巡ってこないとなかなか手に入れることができないというわけですね。

私の場合、OM-1を手に入れてから1ヶ月少々というかなり早い段階で幸運に恵まれました。しかも、使用感が殆どない非常にコンディションの良い個体でありながら、価格も思ったほど高くなく、このチャンスを逃したら二度と巡ってこないと判断して即決しました。10年前にすれ違ったOMシリーズとの「ご縁」というエネルギーが、この10年間でかなりのレベルに蓄積されていたのかも知れません。

(つづく)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ishizumi01.blog28.fc2.com/tb.php/495-297e5ef7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。