酒と蘊蓄の日々

The Days of Wine and Knowledges

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

45km/hで飛ぶ

昨年、シマノのロード用ハイエンドホイールを買いました。WH-7850-C50-TUというやつです。カンパやジップに比べると半額くらいの安さで、その分だけ重いというものですが、ま、トッププロも実際にグランツールなどで使っているものですから、私には十二分にオーバースペックでしょう。

CR1-TeamIssue.jpg

こいつの発売時期が右往左往した話は色んなところに書き散らしましたので、ここでは繰り返しませんが、ちょっと気になったところをご紹介しましょう。

シマノのホイールにはサイクルコンピュータのセンサマグネットが付属しています。これが非常に小さくて軽くて、見た目には悪くない感じなんですね。特に軽さはダイナミックバランスにも大きく影響しますから、高速回転時のブレとかにかなり効いてきますし。

で、どれくらい小さいか他社のものと比較してみたのが下の写真です。

magnet.jpg

左からポラール、シマノ、キャットアイです。重量もシマノの付属品は0.7gなのに対し、ポラールは3.8g、キャットアイは5.0gとかなりの差があります(いずれも上の写真のものを実測した値で、もちろん個体差はあると思われます)。

きょうび、この種の完組ホイールを使用している人でサイコンを使っていない人なんてほとんど存在しないでしょう。ならば、こうしたスポークに合わせて最低限のサイズで専用のマグネットを付属させるのはむしろスタンダードとなってしかるべきではないかと思います。

R-sys_magnet.jpg

マヴィックのR-SYSは太い中空カーボンスポークゆえ通常のマグネットでは対応しにくそうです。なので、専用品を付けてきたのはむしろ当然だと思いますが、なかなかスマートですし、個人的に望ましい傾向だと思います。

でも、シマノのこれは完全にダメダメでした。まず、他社との比較写真でもお解りの通り、ネジ止めではなく、スナップ式ではめ込むだけです。これが固くてビクともしなければ問題ないのでしょうが、何とも微妙な緩さなんですね。

実走してみますと、さすがにスピードの伸びが良く、30km/h台後半くらいからロープロファイルのリムとは明らかに異なる加速をしてくれます。40km/h、41km/h、42km/h・・・、とスピードメーターをチラチラ見ながら調子こいて踏んでいくと、45km/hあたりで何故がストップ、間もなく0km/hを示しました。

路肩に止めてチェックしてみると案の定、遠心力でマグネットがニップル間際まですっ飛んでいました。(注:シマノはこの7850シリーズからハブニップルをやめていますので、ニップルはもちろんリム側にあります。)

う~む。このバイクにはポラールのサイコンを付けているので、純正じゃないマグネットでセンサの反応がイマイチというのであればまだ納得もできます。が、これではシマノだろうがキャットアイだろうが使い物になりません。このクラスのホイールを使っている人間なら、平地でも45km/hくらい出すなんて当たり前なのに、これではいかんなぁと思いましたね。定価で20万円以上もする商品なんですから。

とりあえず、多少不細工になるのは承知で粘着テープを巻き、ズレないようにしてもう一度トライしてみました。が、やはりマグネットのパワーが不足しているようで、いつも走っているトレーニングコースで2%ほど距離が短く出ました。恐らく丁度それくらいの確率でセンシングのエラーが出ていたのでしょう。ま、これはメーカーの保証外ですから、仕方ありませんが。

ということで、私は素直にポラールのマグネットに戻しました。

(WH-7850-C24-TUとの比較へ)

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ishizumi01.blog28.fc2.com/tb.php/5-c40e1de1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。