酒と蘊蓄の日々

The Days of Wine and Knowledges

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅ればせながら謹賀新年

昨年末から1週間近く放置していまさらですが、明けましておめでとうございます。

一昨年の正月に暇を持て余して何となく始めたblogですが、お陰様で丸2年を経てアクセス数が12万を超えました。昨年の元日に書いたエントリを見ますと、最初の1年間で約3万だったようですから、昨年の1年間は約9万ということになり、3倍増になっていたんですね。あくまでも個人的なblogですし、いずれのエントリも長文ですし、マニアックな内容も多いですし、何より勝手な私見を書き連ねているケースが少なくありませんから、ここまで多くの方にご愛顧頂くようになるとは思いませんでした。

私が勤めている会社は12月26日から1月4日まで10日間お休みで、特にこれといった予定もなかったのですが、なまじ休みが長いと「明日やればいいや」みたいな感じでついついダラダラと過ごしてしまうものですね。

特に昨年の後半には以前ご紹介したオリンパスOMシリーズの2台の他にもデジカメを2台買ってしまい(前半に買ったEOS5D Mk2を加えると1年間で5台のカメラを買ってしまったわけですが、過去には8ヶ月連続で毎月1台という実績もあります)、自室に戻るとついついそれらを弄りたくなってしまうんですね。そうした誘惑から筆が進まなくなってしまうというパターンにはまってしまいました。

よく、作家が締め切りまでホテルに缶詰になるとか、漫画家が喫茶店やファミレスでネーム作業(映画やドラマの絵コンテに似た作業)をやるといったハナシを聞きます。確かに私の場合も一番筆が進むのは喫茶店にいるときで、pomeraのあの変換能力が低いATOKでも気が散る要素が身の回りにない分だけ集中して一気に書けるのでしょう。

また、昔に比べると私自身の集中力も低下しているようです。かつては自室を暗室にして写真を焼いていたらいつの間にか朝になっていたとか、休みの日に朝から絵を描き始めて気付いたら深夜になっていて、食事をするのも忘れていたとか、10代20代の頃はそれくらい集中できたんですね。歳をとるにつれて気疲れするのが早くなっているようで、最近ではなかなか持続できなくなっているようです。

例えば、私は2002年の年賀状にBMW2002ターボのイラストを描いて以来、毎年クルマのイラストを素材にしています。多分、受け取った人の殆どは気付いていないと思いますが、西暦の年数に因んだ数字(といっても2003年以降は下2桁ですが)の付いているクルマのイラストを年賀状の素材にしています。今年は'10年ということで史上初めてル・マン24時間をディーゼルエンジンで制したアウディR10を描いたのですが、これもタラタラと30分くらい描いては1時間くらい休憩するといったペースでしたから、何だかんだ4日もかかってしまいました。昔なら丸1日あれば充分だったでしょう。

Audi_R10tdi.jpg
Audi R10 TDI
最近は時間に迫られて最後はいつもやっつけ仕事になっている感じで、
あまり満足のいく出来ではないのですが、これが現在の私の実力でしょう。
ちなみに、2003年はマツダ・サバンナRX-3、2004年はポルシェ911カレラ4、
2005年はルノー5ターボ、2006年はティレル006、2007年はケーターハム7、
2008年はベントレーEXPスピード8、2009年はウイリアムズFW09でした。
2005年と2006年は透明水彩で描いてみましたが、他は全て鉛筆画です。


ハナシは変わりますが、今年は正月早々サブで使っているPCがトラブってその復旧に骨を折りました。アンチウイルスソフト(カスペルスキーの2009年版)のファイルが破損して次第に動作がおかしくなり、仕舞いにはスタートボタンをクリックするとマウスカーソルが動く以外何も受け付けなくなり、タスクマネージャーも立ち上げられず、シャットダウンすらできない状態になってしまったんですね。

強制的に電源を落として再起動させても症状は変わらず、問題のソフトをアンインストールしようにも付属のアンインストーラーやコントロールパネルを開くとフリーズしてしまい、セーフモードで試しても同じ結果でした。メインで使用しているPCを使ってカスペの公式サイトから削除ツールをダウンロードし、実行しても途中でフリーズしてしまうため、いい加減ぶん投げようかと思いました。が、セーフモードで削除ツールを実行してみたら何故かアンインストールできました。

その後はトラブル前と全く同じように動くようになり、カスペを再インストールしても何ら問題なく動いています。ま、8年近くも前のオンボロPCで(といっても、当時のノートPCとしてはハイエンドに近いモデルですから、これだけ長い年月を経ても何とか現役でいられたわけですが)レジストリやら何やらがもうグチャグチャなのでしょう。レジストリのクリーンアップツールやシステムファイルも最適化できるデフラグツールを使うと少しはマシになりますが、しばらくすると元の木阿弥で、最近は起動するのに15分くらいかかります。そろそろ替え時かもしれませんね。

メインで使用しているほうもWindows Vistaのうっとうしい動作とXP以前のソフトとの互換性の低さにしょっちゅう舌打ちしている状況です(Windows7でXPモードというものが設けられたのも私のように不満を持っている人が少なくないからでしょう)。テキストエディタやブラウザを使う分には大きな不満もありませんが、最近はデジタル一眼で撮ったRAWファイルを弄ることも多くなり、もっとパワーのあるPCが欲しいと考えていましたので、今年一番の獲物は新年早々に決定しました。

ということで、新年の一回目から他愛のない話題ばかりで恐縮ですが、本年もよろしくお願い申し上げます。

コメント

 あけましておめでとうございます。本当に新年おめでとうございます。今年も石墨さんの、ご健筆を大いに期待し、また楽しみにしています。
 
 ところで、へそまがりを言うのですが、この慣用的あいさつ、何がめでたいのでしょうかねえ? 文字通りの新年になったのがめでたいのか、政権交代したのがめでたいのか、はたまた、今年がめでたいことがたくさん起きてほしいという願望かお祈りでしょうか? 考えたら、なんだか奇妙な挨拶です。
 
 確かなデッサン力を窺わせるイラストですね。多技多芸ですごいと思います。ひょっとすると、自動車メーカーの新車開発部門で工業デザイナーをされていたのでしょうか?

  • 2010/01/06(水) 17:00:01 |
  • URL |
  • 山のきのこ #-
  • [ 編集]

あけましておめでとうございます。
今年もご健筆を期待しております。
IPCC関係者の「素人は黙っておれ」と言わんばかりの市民を見下した「科学者」による馬鹿話に鋭い一撃を加える数少ないブログですよ。
 でも、常識は無法に勝ります。 数を頼み、権威を嵩に着る輩には、鉄槌が下ります。 いや、下りつつあります。 この冬の寒さは、昨年とは違います。 やはり、長期に観た地球の気候サイクルでは、小氷期に向かっているのでしょうか。 
 いずれにしても、温暖化の虚実は、事実によって明らかにされるでしょう。 歴史が証明していることですが、先進的に時代の先取りをした者は、個人的には不遇な境遇におかれるのが常です。 しかし、後世に名を残すのは、不遇に耐えた者なのです。 

山のきのこさん>

明けましておめでとうございます。

>へそまがりを言うのですが、この慣用的あいさつ、何がめでたいのでしょうかねえ?

私も人後に落ちないへそ曲がりなので、こういう発想は大好きです。

慣例的な挨拶ですから、いまはみんな意味を考えないで使っているのでしょうね。かく言う私も深く考えたことはありませんでしたし。恐らく、昔は現代のように社会保障が充実していませんでしたから、無事に新年を迎えられたことを祝っていたとか、昔は数え年でみんな新年に年齢が1つ上乗せされていきましたから、それを祝う意味もあったりとか、そんなところかも知れませんね。

以前にも軽く触れたことがあるのですが、私は美大に籍を置いていたことがありまして、仰るように工業デザイナーになれたらいいなくらいには思っていたのですが、色々あって挫折しまして、全く関係ないルートから自動車業界に関わることになったんですね。いまとなっては全くの趣味でイラストを描いていますが、美大に行けばあれくらい描けて「普通」です。もっと上手い人も山のようにいますし。




とら猫イーチさん>

明けましておめでとうございます。

何となく始めたblogで2年を経てもあまりコンセプトを絞り込んでいませんので、地球温暖化問題のほかにも自動車業界を巡るハナシや政治とか経済などに対して私見を述べてみたり、もっと軽いところで趣味のハナシもしてみたり、とりとめがないのにお付き合い頂き、恐縮です。

>やはり、長期に観た地球の気候サイクルでは、小氷期に向かっているのでしょうか。

昨年も一昨年も太陽の黒点が消失している日数が非常に多く、最近100年でも屈指の状態ですから、こうした影響を指摘する意見もよく耳にしますね。国立環境研の江守氏のようにコンピュータモデルで信頼できる予測が可能だと言い張っている人たちは太陽活動の影響を異常に過小評価していますが。

同じくコンピュータモデルで季節予報を出している気象庁はエルニーニョの影響で暖冬になると予測していましたが、いまのところ大ハズレといった感じです。ついでにいえば、ヨーロッパやアメリカなどでも二冬続けて記録的な寒波に見舞われていますね。

人知の及んでいる範囲は非常に限られている中でバーチャルな地球をコンピュータ上に造って多くを達観した気になっている彼らは、何か不都合なことが起こるといつも詭弁を弄して自説に誤りがないと言い訳を重ねてきました。今冬のような予想外の厳冬が続いてもまたアクロバティックな詭弁で「こうした異常も気候変動の一側面だ」みたいなことを言うのかも知れません。が、本当に気温の下降傾向が続けばいつまでもそんな言い訳は通用しなくなるでしょうね。

  • 2010/01/08(金) 01:42:29 |
  • URL |
  • 石墨 #PxDbU/1w
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ishizumi01.blog28.fc2.com/tb.php/525-73932adb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。