酒と蘊蓄の日々

The Days of Wine and Knowledges

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『“環境問題のウソ”のウソ』のウソ (その3)

『環ウソのウソ』の著者である山本弘氏はこうしたノンフィクションもいくつか書いているようですが、本職はSF作家です。ま、いずれにしてもプロの物書きであるのは間違いないのですが、アマチュアである私の目にも珍妙に映る部分がいくつもありました。以下の例をご覧頂けば、皆さんも「この人は本当にプロの物書きなの?」「ちゃんと推敲しているの?」と疑いたくなるんじゃないでしょうか?

大気中にCO2がたった0.03パーセントしか含まれていない状態でも、地球は33度も暖められているのだ。その量がすごい勢いで増えつつあるのだから、心配になるのは当たり前だろう。


これは295~296頁にかけて書かれていますが、私は読んだ瞬間に思わず失笑しました。温室効果によって地球の平均気温が33度引き上げられているのは間違いないと思いますが、その温室効果のうちCO2によるものはほんの一部で、殆どは水蒸気によるものだと考えられているんですね。そんな初歩的なこともこの人は知らないのか? と呆れました。ところが、300頁にはこう書かれています。

 たとえば、最も強力な温室効果ガスは、実はCO2ではなく水蒸気である。
 驚かれる人もいるかも知れないが、本当だ。水蒸気はCO2より量が多いからだ。先に地球は温室効果で33度暖められていると書いたが、その効果の7割以上は水蒸気によるものなのだ。


水蒸気の温室効果が全体の7割以上とするのは最も少ない見積になるでしょう。私が読んできた文献では概ね8~9割とするものが多かったように思います。

ま、それはともかく、大気濃度0.03%のCO2の温室効果が地球の平均気温を33度引き上げているとしか読めないような文章を書いておきながら、わずか4頁あとに7割以上の温室効果は水蒸気によるものと山本氏は書いている訳です。

私にはこれを支離滅裂という以外、評しようがありません。私のようなアマチュアでも書いた文章を一度も読み返さず表に出すようなことはしませんし、ここまで酷い分裂状態であったら、私なら一度読み返した段階で赤面して速攻で書き直します。一般の書店にも並ぶ本なら当然編集者もいるはずですから、どうして誰も指摘しなかったのか、これは謎としか言いようがありません。

似たような例は他にもあるんですね。286頁には以下のように書かれています。

 CO2が海などの自然界から生み出されたものか、化石燃料を燃やしたものかは、放射性元素・炭素14の比率を見れば分かる。炭素14は時間とともに崩壊するため、何千万年も前に誕生した石油や石炭にはほとんど含まれていないのだ。実際に大気中のCO2に含まれる炭素14の割合が減少していることが確認されており、増加しているCO2が主として化石燃料に由来するものであるのは明らかである。


一方、297~298頁にはこう書かれています。

 なぜ年輪の炭素14から太陽活動が分かるのか。炭素14は太陽系外から飛来する高エネルギーの放射線(銀河宇宙線)が大気とぶつかって生じる。炭素が酸素と結びついてCO2になり、それが生きている木に吸収されて蓄積する。だから年輪の炭素14の濃度を測れば、当時の宇宙線の量が推測できるのだ。
 太陽活動が活発化すると、太陽から発するプラズマ(太陽風)が宇宙線を阻害し、地球に降り注ぐ宇宙線の量も減る。逆に太陽活動が静かになると、銀河宇宙線が増えて、炭素14も増える。同時に日射量も減るので地球は寒冷化する。


両者を読み比べれば、かなり科学に疎い人でも山本氏の主張が一方的であるということに気付くでしょう。

大気中のCO2に含まれる炭素14が減っているのは人類が大量の化石燃料を燃やしたためだとする主張もCO2温暖化説を唱える上での常套句になっています。が、山本氏も述べているように、太陽活動が不活発になると太陽風が弱まり、銀河宇宙線を阻害しなくなって炭素14の割合が増えます。裏を返せば、太陽活動が活発になって地球が温暖化するような局面では炭素14の割合が減るということなんですね。

山本氏は大気中のCO2に含まれる炭素14の割合が減少しているのは化石燃料由来のCO2が増えているからだと断定する一方、木に含まれる炭素14の割合が増減するのは太陽活動の影響だとしています。自分の論旨に都合の良いように理論を使い分け、偏向した主張を展開している訳ですね。

これは前回も述べましたが、山本氏が「CO2温暖化説に疑義を唱えるのはトンデモだ」と決めつけ、偏った先入観を持っているからだとしか思えません。少なくとも、彼が中立的な立場であるなら、大気中のCO2に含まれる炭素14が減少している理由を化石燃料由来と太陽活動の変動に起因するものと両者を並べて検討していなければならないハズです。

山本氏は48~50頁にかけて、効率的なボトルtoボトルのリサイクルを実現したペットリバース社のアイエス法の存在を武田氏は知っていながら本には書かなかったと批判的に述べていました。しかし、彼もまた増加したCO2が化石燃料由来であると主張するくだりでは、炭素14の比率が変化するのは太陽活動による影響もあり得るのだということを知っていながら一切触れていません。

こうしたやり方を見ますと、前々回の最初のほうで「あえて言わせて頂くなら、「目くそ鼻くそを笑う」といったレベルでしかない感じでした。」と書いた私の気持はよくご理解頂けるんじゃないでしょうか?


山本氏は『環ウソのウソ』の中で何度もAmazonのカスタマーレビューを引用して、自分の論旨の正当性を補強しようとしていました。が、そのAmazonのレビューで『環ウソのウソ』にはかなり厳しい評価と誤りの指摘がなされています。

山本氏は自分が指摘した『環ウソ』の誤りが版を重ねても訂正されなかったことなどから武田氏を誠実とはいえないと批判していました。他人の書いた本のレビューは読むけれど自分の書いた本のレビューは読まないなどという逃げ口上は許されませんから、Amazonのレビューでも指摘されている誤りを山本氏は今後訂正するのか、冷静に見守っていきたいと思います。

(おしまい)

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ishizumi01.blog28.fc2.com/tb.php/58-1a7298b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。