酒と蘊蓄の日々

The Days of Wine and Knowledges

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境問題を語る人たちは何でこんなに視野が狭いの? (その1)

メディアをはじめとして、世間一般に取り沙汰される環境問題やその対策をめぐる話題、風力や太陽光などの自然エネルギー、環境対応車と呼ばれるクルマなど、この分野は一方的な情報ばかり大きく扱われ、実態を無視したイメージばかり徒に流布されるのが常です。専門知識のない記者が思い込みで記事を書き、それが垂れ流されるなど日常茶飯事で、突っ込みを入れるネタに事欠きません。

ロイターなども一昨年に「気候変動でホッキョクグマが共食い始める」などというニュースを伝え、「ホッキョクグマのオスの成体は元々子グマを襲う習性があり、地球温暖化の影響とはいえない」といった指摘がなされた前科があります。

先週、何となくロイターのサイトを見ていて自動車に関連するものだけでも突っ込まずにはいられない記事を立て続けに2つ発見できました。まず気になったのは、日産リーフの販売台数が発売から26日間でたったの60台だったというニュースです。(ロイターのサイトはリンク切れになってしまいましたので、見出しのリンク先はGoogleのキャッシュです)

電気自動車リーフ登録まだ60台

日産自動車が昨年12月20日に発売した電気自動車(EV)「リーフ」の国内新車登録台数が、14日時点で計約60台にとどまったことが17日、分かった。3月末までに国内で販売予定の6千台はすべて予約が入っており、消費者の手応えは好調だが、品質に気を付けながら、慎重に生産しているためとみられる。EVを対象にした政府の購入補助金受領の手続きに時間がかかる点も、一因とみられる。

(C)ロイター 2011年1月17日


私はこの記事を見た瞬間、日産はまだリーフを普通のクルマのように本気で売る気がないということを確信しました。というのも、普通の乗用車は新型が発売されたその直後から全国のディーラーが相応の台数を「試乗車」として自社登録するからです。年末年始が入って実際の稼働日数が目減りしているとはいえ、発売から正味で3週間程度経過していながら公道を走れるリーフが日本国内に僅か60台しか存在していなかったわけですから、普通の乗用車ならまずあり得ない状況です。

実際のところ、日産は「the new action TOUR」という全国を回るツアーを企画し、このイベントの目玉としてリーフの試乗会を催しています。が、これまで開催されたのはたったの5回です。昨年7月に地元の神奈川、8月に埼玉、10月に福岡、12月に再び神奈川、今年1月に宮崎といった具合です。いずれも数日間の極めて散発的なものだったうえ、公道の走行は不可、駐車場などを用いた特設コースに限られた試乗会だったといいます。

つまり、この企画は普通の人が普通にクルマを買うときにする試乗と全く次元の異なるもので、単純に電気自動車を体験してもらうというのが趣旨と考えるべきでしょう。来月にも第6弾として京都で2日間開催されますが、本気で普通のクルマのように売るつもりならこんなイベントではなく、普通にディーラーで試乗できるようにする必要があります。

それはともかく、この記事を書いた記者の勉強不足が明らかとなるポイントは「EVを対象にした政府の購入補助金受領の手続きに時間がかかる点も、一因とみられる」という思い込みで書かれているところです。というのも、ネットでの予約受付が始まったのは2009年の7月末、正式な予約受付が始まったのは2010年4月1日だったからです。

日産の公式発表では正式予約の受付から最初の3週間で3700台を受注したということになっていました。いくら申請手続に時間がかかるといっても、約9ヶ月という長いリードタイムがあったわけですね。注文した個人や企業や自治体などが揃いも揃って補助金の申請手続を発売ギリギリまで放ったらかしにしていたとは常識的に考えられません。

申請手続もネットなどで調べれば容易に解ることですが、添付する書類は押印のある見積書か注文書か契約書いずれかのコピーと、免許証など本人確認ができる証書類のコピーくらいです。つまり、ディーラーから正式な見積をもらった段階でも申請可能で、あとは所定の用紙に必要事項を記入すれば良く、さほど手間を要するものではありません。

また、今年度分の公募は5回に分かれており、例えば昨年10月1日~11月30日の第4回公募の段階で申請していれば12月中旬には交付決定の通知が出ていたハズで、何ヶ月も待たされるようなものではありません。この申請をする前に電気自動車を購入しても補助金は交付されませんが、交付決定通知を受けた後なら所定の手続にミスがない限り補助金は交付されます。

恐らく、11月下旬に申請した場合でも、件の60台が登録された時期には充分に間に合っていたでしょう。あれだけ長いリードタイムがありながら60台しか登録されなかったということは、要するに補助金の申請手続にかかる時間など全くの無関係で、単純に日産の供給台数に縛られたと考えて間違いないでしょう。

しかし、リーフの生産開始は10月22日で、1月中旬には3000台くらいラインオフしていたという情報もあります。2万台もの予約を受けたというアメリカへの供給を優先したのか、何らかの不具合があってラインオフ後の改修が必要だったのか、実際のところは解りませんが、この大きな数字のギャップが何を意味しているのかということのほうが私にとっては詳しく知りたい部分です。メディアもこうした点を突っ込んで取材すべきだったと思いますが、視野の狭い彼らはそこまで目が向かないのでしょう。

なお、政府の補助金は実際に電気自動車を購入してナンバーの取得を済ませ、「実績報告書」に車検証の写しを添えて提出しないと交付されません。つまり、リーフの場合はユーザー負担額が299万円になりますが、現金一括で購入するなら全額の376万円(と登録諸費用)を用意してから購入し、その後に然るべき手続を行うことで補助金が振り込まれるという順番になります。しかも、それは早くて半年後、遅ければ1年後になるといいます。この記事を書いた記者は恐らくこうした流れや全般的な状況を何も把握していなかったのでしょう。

ついでですから、三菱自動車のi-MiEVの近況についても触れておきましょうか。以前にもご紹介しましたように、政府から交付される補助金の申請を受け付けるのは、一般社団法人・次世代自動車振興センターになりますが、そのサイトには「平成22年度の補助金申請状況」という頁があります。これによりますと、昨年4月~11月に申請を受け付けた軽自動車枠の電気自動車(その殆どはi-MiEVになるでしょう)は合計で1660台でした。

同社は1年目の目標を国内年販4000台としていましたが、この8ヶ月間に補助金の交付が決定した軽自動車枠の電気自動車は月平均200台強というペースでした。この全てがi-MiEVだと見ても、年販2500台に届きません。つまり、決して大きいとはいえない初年度4000台という目標に対して4割近く不足しているわけですね。これがフェラーリのような特別な人のためのクルマならともかく、大衆車として見ればとても楽観視などできない低調なペースといわざるを得ないでしょう。第2回公募(6~7月)をピークに減少を続けているようですし。

さて、もう一つの酷い記事はコチラです。

東京のすす濃度、3分の1に激減

東京大先端科学技術研究センターは17日、ディーゼル車の排ガスに含まれ、ぜんそくなどの原因とされるブラックカーボン(すす)の東京都心における2010年の濃度が、03年から7年で3分の1以下に減ったとする調査結果を報告した。首都圏の4都県が03年から取り組んでいる(1)基準を満たさない車両の走行規制(2)排ガス浄化装置の普及(3)硫黄分の少ない軽油の普及―などの効果としている。

(C)ロイター 2011年1月17日


これなどはロイターの記事というよりも、こうした調査結果を発表した東大のほうが大きな問題を抱えていると言うべきでしょう。ま、どちらにしても物事がキチンと解っている人ならこの調査結果とそれに対する所見が如何に稚拙なものかすぐに見抜けるハズです。もし、メディア側に分別があるとしたら、この記事を書くに当たって読者をミスリードするような情報を垂れ流しにせず、様々な状況を勘案した注釈を加えるべきでした。

(つづく)


(追記) 日産リーフの補助金申請に関する内容について誤りであるとのコメントを頂きました。実際のところ、日産は昨年12月3日より前に正式な見積書などを発行しておらず、補助金の申請手続もそれ以降にならざるを得なかったとのことです。

推測でこのような誤った記事を書いてしまったわけですが、私がこのような誤った推測をしてしまったのは何故かといえば、日産が常識ではあり得ない対応をしていたからです。そうした点について『環境問題を語る人たちは何でこんなに視野が狭いの? (その1)の訂正と補足』というエントリを設けましたので、必ずコチラの記事もお読みください。

コメント

>日産はまだリーフを普通のクルマのように本気で売る気がないということを確信しました。
>この大きな数字のギャップが何を意味しているのかということのほうが私にとっては詳しく知りたい部分です。

売る気はあるが、技術が伴っていないのだと思います。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110126-00000301-sentaku-bus_all

>ゴーン社長の命令一下、急ピッチでバッテリー生産に取り組んだものの
>「十個に一個しか商品になるバッテリーが作れない」(日産関係者)

これは量産以前の、試作以前の、実験段階のレベルです。この情報の真偽のほどは判りませんが、
バッテリーは電気自動車の核の技術です。もし本当に歩留まりが10%だったら現在の納車遅れは
理解できます。

正月TVを見ていてトヨタ、ホンダのCMが少なく、日産のCMが異常に多く感じました。CM時間をGET
したのでしょう。しかし、社運を掛けたリーフのCMを流さず、ガソリン車のエコカーのCMを
バンバン流していました。普通だったら先進イメージのリーフのCMをバンバン流すでしょう。
ところが流せ無くなった苦肉の策だったのでしょう。
量産出来ない日産の混乱がわかったような気がしました。

  • 2011/01/29(土) 21:22:50 |
  • URL |
  • マグロ #JalddpaA
  • [ 編集]

マグロさん>

大変興味深い情報を有り難うございます。

追浜工場の生産ラインがメディアに公開された折、酒井常務が「車体よりも、駆動源の電池の生産(能力)に課題があったが、いろいろ手は打ったので(計画は)達成できる」とコメントしていたのはいくつかのメディアで報じられていましたから、バッテリーの生産に問題が生じていたことは知っていました。
http://mainichi.jp/select/biz/news/20110126k0000m020066000c.html

が、ご紹介頂いた情報が確かなら、これはかなり致命的ですね。ただでさえ高価なリチウムイオン電池ですが、歩留まり10%では大変な赤字を垂れ流して全くハナシにならないでしょう。こんな状態が続けば日産は「進むも地獄、戻るも地獄」という状況に陥るのは確実です。

ご存じかも知れませんが、三菱のi-MiEVも日産のリーフも、稀少で高価なコバルトを用いず、マンガン酸リチウムを正極とした専用電池を採用しています。従来、マンガン酸リチウムを正極に用いたリチウムイオン電池は残留水分が電解液と反応して生じるフッ酸や、温度の上昇などによって正極のマンガンを溶出させてしまうという問題があり、保存特性が悪く、サイクル寿命も短く、電気自動車には使えないといわれていました。

こうした問題を克服するため、特殊な添加剤を用いたり、高温にならないよう放熱特性を向上させる構造的な見直しを行うなど、様々な技術が導入されたわけですね。でも、ご紹介頂いた記事を見ますと、量産レベルでそうした技術を生かせるクォリティコントロールが充分に出来ていないということなのかも知れません。

コバルト酸リチウムを正極に用いたリチウムイオン電池の量産は既に20年くらいの歴史を重ねていますが、電気自動車にも使える大容量のリチウムイオン電池でマンガン酸リチウムを正極に用いたものはまだ産声を上げたばかりです。今後、改善策は尽くされていくのだと思いますが、問題克服のタイミングが遅くなるほど日産の置かれる立場は苦しくなります。

2012年にはルノーと合わせて年間50万台の電気自動車を生産すると豪語し、そのための設備投資は日米英の生産拠点を合わせて5000億とも6000億ともいわれるレベルで行われているようですから、この計画を進めようとしている人たちは現状に気が気じゃないでしょう。ま、私はこんな無謀な計画など間違いなく失敗し、彼らは必ず後悔するだろうと見ていますが。

  • 2011/02/07(月) 00:36:03 |
  • URL |
  • 石墨 #PxDbU/1w
  • [ 編集]

>2012年にはルノーと合わせて年間50万台の電気自動車を生産すると豪語

1月時点では、"2015年までに25万台のEV生産体制を築く"に変化してますね。何でですかね。(笑)
http://www.google.co.jp/search?num=50&lr=lang_ja&q=2015%e5%b9%b4%e3%81%be%e3%81%a7%e3%81%ab25%e4%b8%87%e5%8f%b0%e3%81%aeEV%e7%94%9f%e7%94%a3%e4%bd%93%e5%88%b6%e3%82%92%e7%af%89%e3%81%8f

EVについて詳しく書いてありました。
 BIKERS STATION 2011年3月号
 出版社名 日本出版社
 発売日 2011年2月1日
 税込価格 880円
http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/DetailZasshi?refShinCode=0900000004910075830319&Action_id=101&Sza_id=LL

  • 2011/02/07(月) 22:16:37 |
  • URL |
  • マグロ #JalddpaA
  • [ 編集]

>申請手続もネットなどで調べれば容易に解ることですが、添付する書類は押印のある見積書か注文書か契約書いずれかのコピーと、免許証など本人確認ができる証書類のコピーくらいです。つまり、ディーラーから正式な見積をもらった段階でも申請可能で、あとは所定の用紙に必要事項を記入すれば良く、さほど手間を要するものではありません。
~要するに補助金の申請手続にかかる時間など全くの無関係で、単純に日産の供給台数に縛られたと考えて間違いないでしょう。

リーフ購入者です。
私も同じように考え、最初に申請を出そうと考えていました。
ただ、申請に必要なのは注文書または正式な見積書です。
発売日前に正式な見積書が入手できるはずもなく、事前の申請などできません。

12/3以降、オプションなどを検討し、すぐに申請を出しましたが、登録にすすむために必要な書類が届くまでには1ヶ月以上かかりました。
実際の納車は1月末(都合により受け取りは先週)でした。

営業担当の話によれば、私より2週間後に申請した人はさらに国と県の事務手続きの遅れでいまだ補助金の審査が終わっていないそうで、正式決定前に自己責任で登録するという流れになっているそうです。
ちなみに、車はディーラーに来ていても登録できないという例もあるようです。

記者の勉強不足はあると思いますが、断定した書き方をされるのであれば、もう少し検証して書いた方がよいのではないでしょうか。

  • 2011/02/12(土) 10:39:24 |
  • URL |
  • リーフユーザー #YrGnQh/o
  • [ 編集]

リーフユーザーさん よろしくお願いします。
>発売日前に正式な見積書が入手できるはずもなく、事前の申請などできません。

良くわからないので教えてください。
以下のHPの12月5日付けの見積書は正式ではないのでしょうか?
http://ecocar.asia/article/43267451.html

日産は発売日前に正式な見積書が無く納車されるのでしょうか?
>3年前GT-Rが発売日に納車された
http://blog.gtroc.com/0001/2011/01/first-private-nissan-leaf-owner-in-tokyo.html

>12/3以降、オプションなどを検討し、すぐに申請を出しましたが、登録にすすむために必要な書類が届くまでには1ヶ月以上かかりました。
すみません教えてください。具体的に何の書類が何時から1ヶ月以上かかったのでしょうか?

うーむ良くわからない?

  • 2011/02/12(土) 18:02:58 |
  • URL |
  • マグロ #JalddpaA
  • [ 編集]

>見積書の件
すいません。私の書き方が間違いですね。
12/3が発表日、12/20が発売日。
私が言いたかったのは12/3の発表日以前には見積書は発行されないということです。私も12/5に最初の見積もりをとっています。
なので、HPの12月5日付けのものは正式だと思います。
GT-Rの件はよくわからないですが、発表が早かった??のでしょうかね。


>申請の件
http://www.cev-pc.or.jp/CEV/index.html

上記ページの「交付申請書類一式提出」から「交付決定通知書」の間です。
当初、事前に申請できないかセンターに問い合わせしたところ、基本的には、交付決定通知が出るまでは補助金が出ると決まったわけではないので、それまでは登録はしないように言われました。
ただ、それがものすごく時間がかかってるみたいで、自己責任で申請書受理の書類が届いた段階で登録はできるみたいです。
今は日産にセンターから連絡が入って、どんどん先に登録しろみたいなことに変わったらしいですが。

ちなみに、この受理書類が届いたのも年明けですね。(年末休みはさんで4週間)


>日産はまだリーフを普通のクルマのように本気で売る気がないということを確信しました。
というのはまさにその通りかもしれませんね。
個人よりも官公庁や法人優先だし。
営業によると試乗車を置かないのは、客に回す分をなるべく多くしたいからって言ってましたが、試乗車が無いから買う前に乗れないならキャンセルするっていう人もいたらしいです。まさに本末転倒?な感じですね。

余談ですが、某評論家も3月から予約を頼んでたらしいですが、申請が遅かったのか、まだ納車されてないみたいですね(笑
予約をいくら早くからやっていようが、正式に発注した順番でデリバリーされるという話でした。

  • 2011/02/13(日) 03:53:14 |
  • URL |
  • リーフユーザー #YrGnQh/o
  • [ 編集]

リーフユーザーさん 

ご返事ありがとうございます。了解いたしました。

12月3日リーフ正式発表なので、最も早くて12月3日に見積書入手、補助金交付申請書類提出ですね。
それから約1ヵ月で補助金交付決定通知書がそろい、車両登録となると1月上旬ですね。

実際は2月上旬より本格的に車両登録が始まったようです。

  • 2011/02/13(日) 10:30:34 |
  • URL |
  • マグロ #JalddpaA
  • [ 編集]

マグロさん>

>、"2015年までに25万台のEV生産体制を築く"に変化してますね。何でですかね。(笑)

度々興味深い情報を頂きまして有り難うございます。

最初に広げた大風呂敷から比べるとかなりのトーンダウンですが、それでもここまでの需要があるとは思えません。むしろ、このタイミングで大幅な下方修正を行った理由のほうが気になりますね。





リーフユーザーさん>

誤りに対するご指摘を頂きまして有り難うございます。

詳しくは訂正と補足(http://ishizumi01.blog28.fc2.com/blog-entry-616.html)で述べた通りですが、補助金の公募スケジュールを知っている人間からしてみれば、日産のスケジュールの組み方は絶対にあり得ないような出鱈目なものです。そんな常識では考えられない状況を予期して実態を確認するというところまで思いが至らなかったことについてはご容赦頂きたいと思います。

もし機会があるのなら、ゴーン社長が「消費を促す補助金システムがつくれるか、EVに興味を持っている世界の街に指標を提供することができます」とまで豪語していたのに、リーフの発売に当たって補助金の公募スケジュールに全く見合わないスケジュールを組んだのは何故なのか、日産に聞いてみられたら如何でしょう?

私のような無関係な人間に(しかも、極めて批判的な立場の個人に)対して彼らが答える義務などないでしょうが、早々に契約しながら不本意な納車待ちを強いられた方に対しては答える義務があるハズです。もっとも、ディーラーに聞いたところで「メーカーの都合」といわれる程度で納得のいく返答など出て来ない気もしますが。

  • 2011/02/19(土) 21:33:20 |
  • URL |
  • 石墨 #PxDbU/1w
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ishizumi01.blog28.fc2.com/tb.php/613-0520c5e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。