酒と蘊蓄の日々

The Days of Wine and Knowledges

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BD-1とスカイショックと私

当初はこれを普段使いにも活用しようと思っていましたが、スピードドライブのインストールを筆頭に色々手を加え、既に30万円くらい注ぎ込んでいました。なので、近所のスーパーやドラッグストアやレンタルビデオショップなどのガチャガチャした駐輪場に停めておけなくなりました。(普段使い用に例のクロスバイクを組んだのはそうした理由からでした。)

で、スピードドライブを入れたら今度は20インチ化ということになるのですが、ここで少々足踏みをすることになってしまいました。18インチのBD-1を20インチ化するには車軸から約1インチ遠くなるリムの位置にブレーキシューを合わせなければなりません。これは考えるまでもないことで、私もBD-1を購入する前から充分理解していましたし、その具体的な対処方法がいくつかあることも知っていました。

詳しくは後日改めて書きますが、いくつかの対処方法を知っていた故に、どれを選択するかという部分で悩み、しばらく保留することになってしまったんですね。また、私の許には他にも自転車がありますから、それらとも戯れているうちに20インチ化計画は棚上げ状態が続いてしまったのでした。

とはいえ、その間もサイクルコンピュータやリヤフラッシャーを替えるなど、細かいモディファイは行っていました。そして、セカンドロットでも買いそびれてしまったワイズロードのオリジナルパーツで「スカイショック3」と称するBD-1用のエアサスキットも入手し、インストールしました。

skyshock3.jpg
Sky Shock 3
赤いロゴが少々無粋な感じですが、
普通に装着すると下を向いて見えなくなります。


このスカイショックというパーツもやや微妙なところはあります。リヤについてはサイクルハウスしぶやオリジナルのダンピングが考慮されていないコイルスプリングより良いと思いますが、摺動抵抗が思ったほど小さくありませんでした。

シリンダなどは切削に違いないと思いますけど、仕上げのレベルがあまり高いとはいえません。微細な切削痕が原因だと思われますが、ズリズリと擦れる感触があるんですね。MTBのちゃんとしたエアサスを知っている者にはお世辞でも褒められない出来です。ワイズは「標準仕様のコイルやエラストマーでは得ることが出来ないシルキーライドを可能にします」と謳っていますが、それはちょっと誇大広告でしょう。ま、価格が価格ですから、こんなものかも知れませんが。

ファーストロットのスカイショックやセカンドロットのスカイショック2はモノコックフレームと相性が悪かったようです。パイプフレームではあまり問題にならないようですが、モノコックフレームの場合は摺動時のズリズリと擦れる微振動がフレームの内部空間で共鳴して、かなり派手な軋み音が鳴っていたそうなんですね。

幸い、私が購入したスカイショック3はハードアナダイズ処理が施されたこともあるせいか、それ程でもありませんでした。が、潤滑を怠ると少し軋み音が生じます。ま、こういうショップオリジナルのパーツに過大な期待は禁物ということかも知れません。空気圧を変えることで乗り味をチューニングできる面白さもあり、価格も手頃ですから、個人的な総合評価としては悪くないと思いますが。

結果的には買いそびれて3まで待って良かったかも知れません。これがファーストロットでしたら、価格は約1万円高く、ボディはアルミのままのシルバーで、モノコックフレーム内部で共鳴してしまう相性の悪さ、シリンダの摩耗も早く、数千kmでエア漏れが始まるという情報もあるようです。2は価格が現在とほぼ同じになりましたが、仕様はファーストロットと全く同じだったと思います。

3はボディがハードアナダイズ処理されたことに加え、フロントはアイレットがピロボールになってこじるような力がかかりにくくなったため、シリンダの耐久性も向上していると想像されます。色も1・2のシルバーより3のブラック/ガンメタのほうが私のマーキュリーグレーのBD-1には似合っていると思います。20インチ化に必須のブレーキもそうですが(詳しくは改めてお話ししますが)、このBD-1のカスタムに関してはモタモタしていたお陰で私にとってはベターなアイテムが手に入ったような気がします。

で、20インチ化計画ですが、本格的に再始動したのは昨年の11月でした。が、その後も色々ありまして、結局着手出来たのは先週末でした。話はまだまだ続くのですが、20インチ化が完了し、試走を済ませてから改めてお話しすることにします。

MyBD-1_02.jpg
20インチ化とメインコンポの換装に着手した我がBD-1
BD-1カプレオという名で売られていたものですが、
カプレオは完全に姿を消すことになりました。
ちなみに、奥に見えるのはS-ワークス・エピックFSR(2005年モデル)です。


(ひとまず、おしまい)

(BD-1インチアップ計画へつづく)

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ishizumi01.blog28.fc2.com/tb.php/70-162dd7e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。