酒と蘊蓄の日々

The Days of Wine and Knowledges

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のび太のちり紙 (その1)

『ドラえもん』第20巻の第14話に「出てくる出てくるお年玉」という話があります。うろ覚えで恐縮ですが、確かこんな感じの話だったと思います。

例によってのび太がドラえもんにねだり、お年玉袋を出してもらいますが、それには「松」「竹」「梅」の3種類あります。「松」は味わった苦痛の分だけ、「梅」は何か良い行いをすることで「ありがとう」と言ってもらえた分だけお金がもらえ、そして「竹」は何か節約すると、その分のお金がもらえるというものです。

のび太は一度使ってくずかごへ捨ててあったちり紙を拾い出して乾かし、それを再利用することで幾ばくかの小銭をもらいました。これに味を占めたのび太は、必要もないのに新しいちり紙で鼻をかみ、それを部屋中に広げて乾かすという、実にのび太らしい行動に出ました。もちろん、そうした無駄遣いをしたので、せっかく手に入れたお金は消えてしまうというオチが付くわけですね。

このように節約だと思ってやったことが実は浪費だったという本末転倒の愚行を私は「のび太のちり紙」と呼ぶことにしました。作者である故藤子・F・不二雄氏の意図はどうだったか解りませんが、いまにして思えば、このエピソードは盲目的な環境指向の落とし穴を暗示していたような気もします。

実際、資源のリサイクルやバイオマス燃料、再生可能エネルギーなどにおいて、投入エネルギーより回収エネルギーが下回り、むしろ資源を浪費している可能性が指摘されるケースがあります。

例えば、日本でも自動車の燃料用ガソリンにバイオエタノールを混合したものが売られるようになりました。これは従来のガソリン車にも無改造で対応出来るよう、ガソリンの性状にあまり影響しないETBE(Ethyl Tertiary-Butyl Ether:エタノールと石油由来のイソブテンから合成されるもの)というかたちで混合されています。このバイオエタノールの混合ガソリンが法的にも認められ、「バイオガソリン」とか「エコガソリン」などと称して首都圏で発売されるようになってから1年近くが経過しました。

logo_bioetbe.gif

こうしたガソリンに加えられるバイオエタノールは「カーボンニュートラル」であると言われることが度々あります。植物由来の炭素を燃焼してCO2を排出しても、その炭素は元々大気中のCO2を光合成によって固定したものであるから収支はゼロになるという考え方ですね。

しかし、バイオエタノールの原料となるトウモロコシやサトウキビなどを生産するためにはトラクタやコンバインなどの農業機械を動かしますので、化石燃料の投入が不可欠です。化学肥料や農薬の類を製造したり、それらを散布するにも石油資源などが消費されます。

さらに、収穫した穀物などからエタノールを生産するには、発酵・蒸留・精製などのプロセスを経ますが、これらにも相応のエネルギー投入が必要となります。特に蒸留工程はかなりの熱エネルギーを要しますし、原料がトウモロコシの場合はデンプンを糖化させるプロセスも加わります。

このように現状の生産工程すべてを見渡した場合、少なからず化石燃料が投入されているバイオエタノールを「カーボンニュートラル」と称するのは欺瞞というものです。

それよりも何よりも、バイオエタノールとして回収されるエネルギーが投入される化石燃料由来のエネルギーを下回っていたとしたら、それこそ「のび太のちり紙」と同じ本末転倒の愚行となってしまいます。

これについては見解が大きく分かれています。コーネル大学のデイヴィッド・ピメンテル教授の試算によれば、トウモロコシ由来のバイオエタノールのエネルギー収支は赤字になるため、かえって資源の浪費になっているといいます。一方、アメリカ農務省の報告では投入エネルギーに対する回収エネルギーは1.34倍で黒字だとされています。

いずれにしても、この辺は基本となる条件を揃えなければ、どちらが正しいか判断することは難しいでしょう。

ただ、アメリカ農務省のデータが信ずるに足るものだとしても、134ジュールのバイオエタノールを得るために100ジュールのエネルギーが投入されるということになります。その投入エネルギーのうち何%が化石燃料由来のエネルギーになるかによってCO2の排出削減効果は違ってくるでしょう。が、いずれにしても現状においてバイオエタノールをカーボンニュートラルとする考え方が幻想であるのは間違いないでしょう。

(つづく)

テーマ:環境・資源・エネルギー - ジャンル:政治・経済

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ishizumi01.blog28.fc2.com/tb.php/72-ac284133
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。