酒と蘊蓄の日々

The Days of Wine and Knowledges

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BD-1インチアップ計画 (その2)

BD-1の20インチ化計画において最大のネックであるブレーキシューの位置合わせについて、色々ウダウダと煮え切らずにやっているうちに1年半ほどが経過していました。恐らくBD-1だけに入れ込んでおられる方には信じられないことかも知れませんが、私の場合は他にも可愛がっている自転車が複数ありますので、こんなものです。

ポールのブレーキは1セット90ドル以下で売られている海外のオンラインショップなどもあって、前後一式+空輸代でも2万数千円で済むような感じだったんですね。なので、一瞬だけ「個人輸入」という言葉も頭をよぎりました。が、過去にトラブルがあって、今後は取引実績のない海外ショップから個人輸入するのはやめておこうと誓っており、これは却下することにしました。

余談になりますが、過去に経験した個人輸入のトラブルの顛末はこうです。向こうの手違いで入荷前に代金をクレジットカードにチャージされ、入金処理されてしまい、一部の商品の入荷見込みが立たないことが判明したのはその後だったんですね。で、返金するか、代金分だけ別の買い物をするか、みたいな話になりました。向こうサイドとしては「別の買い物で済まして欲しい」というニュアンスを滲ませていた感じです。

「ピッタリの金額で買い物をするのは難しい」と伝えると、「お詫びもかねて20ドルくらいまでならオマケする」と返答があったり、途中グチャグチャとすり合わせあがありました。最終的に損こそしませんでしたけど、こうしたメールのやりとりが全て英語でしたから、英語が苦手な私はウンザリしたという次第です。

この程度でウンザリしたくらいですから、届いた商品が不良品だったりして、返品だとかワランティをどうするとか、そういう話になったらまたぞろ面倒くさいことになると思いました。こうした経緯から、バカ高いけど国内の業者からポールのブレーキを調達するか・・・と腹をくくることにしたんですね。

ところが、その矢先にワイズロードの最新情報に「安価でBD-1を20インチ化」というタイトルを見かけました。ポールのそれにそっくり(というか、もろにバッタモン?)のブレーキが入荷したとの情報があり、速攻で折りたたみ自転車&小径車を主体としている渋谷店へ現物を拝みに行くことにしました。

その類似品は台湾のミスターコントロールというブランドのもので、これまでにもチェーンデバイスブレーキまわりの小物などで見かけたことはありました。が、実際に使ったことはありませんでしたから、ブランドイメージは何とも言い難いところです。

件のブレーキは仕上げのレベルも決して悪くありませんでした。もっとも、1組5,000円(前後一式10,000円)という価格はシマノのXTよりさらに高価ですから、これで安っぽかったら売り物にならないでしょう。ま、BD-1の20インチ化アイテムとして売れると見込んで流通段階でガッツリとマージンを取られている可能性もありますが、見た目や手に取ったフィーリングも安物という感じは全くありません。加工もポールと同じCNC切削に違いありませんから、抜きどころといったら素材くらいでしょうが、そればっかりは見た目では解りません。

BD-1マニアの方にはクリスキングのヘッドセットをインストールされている方も沢山おられますし、そうした本物志向の方には「もどき」パーツなど言語道断かも知れません。が、類似品でも価格が価格ですし、売っている店もこの筋では超有名店です。品質は信頼できると思いましたし、私の場合はこれで充分と判断しました。

paul-mrcontrol.jpg
ポールMOTO BMXとミスターコントロールの類似品

上の写真はポールのMOTO BMX(左)とミスターコントロール(右)の比較になります。ご覧のように構成パーツもそっくりですね。MOTO BMXはアーム上部に軽め穴が設けられています(上の写真では横を向いているので解りにくいですが、少しくぼんで見える部分に長円形の穴が開いています)から、その点は異なります。また、ブレーキシューの高さをアジャストするボルトがポールの1つに対してミスターコントロールは2つになっている点も異なりますが、あとは殆ど差がない感じです。

シマノなど一般的なVブレーキと異なり、リムと左右のシューとのクリアランスのバランスを調整するのは銀色をした小判型の部品を二面幅15mmのオープンエンドスパナで回し、スプリングのプリロードを調整する格好で行いますが、そうした構造も全く同じです。(ま、私の場合は15mmなどという中途半端なサイズのレンチなど持っていないのでモンキーで回しますが。)

私のプランでは最終的に残された選択肢と思われたポールのブレーキに比べれば1/3以下のコストゆえ、即買いしましたが、普通の人には殆ど訴求力のないパーツかも知れません。でも、この大きなネックをクリアしたので、あとは必要な部品を普通に買い集めれば、以前から計画していた20インチ化に向けて一気に前進する・・・と思ったんですけどねぇ。さらに少し足踏みすることになりました。

(つづく)

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ishizumi01.blog28.fc2.com/tb.php/83-657215d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。